カノープス出現

昨夜、7回目のカノープス北限撮影に行って来ました。
冬型が安定しない中の遠征の為、半ばあきらめモードで行ったのですが、
結果、撮影に成功してしまいした
上弦の月明かりの為、肉眼では確認出来ず、
かろうじて双眼鏡で見える状態でした。
南中時近くに撮影現場に着いた為、ドタバタ準備となり
そんな中、テスト露光中の拡大画像に飛び込んできた
真っ赤な光点には、正直ビックリしましたね。。。
こんなに鮮明に写るんだと。
☆2つ弱の高度しか有りませんでしたが、
この撮影現場が、国内における北限地に間違いないようです。
(真の北限は月山山頂ですが、あくまでも一般の人々が
気軽に行ける場所としてです。。。
車から降りれば、すぐに見られる場所なので条件がそろえば、
誰でも見ることが出来るでしょう。)
取り急ぎ画像をアップしておきます。
今夜じっくりと画像処理をしてみます。

画像


2010年1月26日
21時35分07秒
宮城県牡鹿半島(人石山南側のコバルトライン上)
標高230m
EOS5D Mark2+Aiニッコール135mm/2(f2.8)
ISO2500、4秒露光

カノープス南中(正中)時の画像です。
(手前の街明かりは、網地島です)
☆2個分以下の高度しか有りませんね。
この状態から没するまで約12分ほど見えていました。
連続撮影をしていたので、動画化も出来そうです。
これで長生き出来そうかな???

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

もも
2010年01月27日 18:18
こんばんわ、ももで~す。
凄い!!成功おめでとうございます!!!
それにしても案外簡単だった?
きっと、素晴らしく条件が良かったのだと思います。
それに立ち会える強運もさることながら、技術的な論理的な裏づけがあっての行動でしょうから、やっぱりしゅうちゃんさんの実力ですね!!
とにかくおめでとうございます~
ふわり
2010年01月27日 20:33
こんばんは
わぁ~ おめでとうございます
すごいですね ももさんがおっしゃっているようにすごいのと、後は行動力ですね
こんな空だと 海から昇る太陽もきれいなのでしょうね
もも
2010年01月28日 00:17
こんばんわ、ももで~す。
ところでなんですが~
これが客観的にカノープスであるという検証も大事かな~?とも思ってたりします。
しゅうちゃん
2010年01月28日 04:05
☆ももさん、ふわりさんこんばんは。
本当に、あっけなく撮れてしまいました。
客観的な検証は、確かに大切な事です。
その為に撮影の際は、部分的なアップでは無く
画面上部の星が写りこめる135mmとしました。
月明かりのおかげで、水平線も写り
時間経過に伴う高度変化も確認しやすく
漁火らしい漁船の姿も見えないことから
☆の画像と判断出来そうです。
この事は、連続撮影した画像の処理で
判断したいと思います。
この場所での正中高度が、約5分角と思われ
4kmほど南の御番所山が、約3分角なので
水平線との隙間を見る限り、ぎりぎり
御番所山公園でも確認出来るかも??
知れません。こちらのほうが
ロケーション的に広々としていて
一般の人が見るのには好都合です。
その御番所山公園を長寿星の見える
最北の地とアピールしても良かったりして??
これから処理してみます。。。
もも
2010年01月28日 12:47
こんにちわ、ももで~す。
こちらにもご挨拶。
検証画像拝見させていただきました。
やはり間違いなかったですね!安堵。
この記録はすばらしいことなので、なにかこれからの発展も期待させられます。
もちろん、しゅうちゃんさんの快挙と、北限の地としての社会的な発信とか。
とにかくおめでしょうございます!!
しゅうちゃん
2010年01月30日 07:14
☆ももさん、おはようございます。
北限の地として以前、富士山の見える
場所などの報道がよくありましたね。
(私も福島県の日山に行った事が有ります)
そんな感じで、ここ牡鹿半島が
有名になれば面白いかも知れません。
御番所山公園には、以前天体ドームを
備えた、貸しコテージが数棟有りましたが
現在は無く、ちょっと寂しい状態です。。。
公園直下には、捕鯨で有名な鮎川港も有り
世界的に捕鯨の難しい状態でも有り、
ここは一気にイメージを変えて、
長寿☆の見えるかも??の地として
アピールするのも一考かな??
なぁ~て思ったりして。。。
お隣の国、中国では南極老人星として
とてもめでたい星としてのイメージが
有るとの事ですし、金運の島の金華山島との
コラボで、とても元気な中国人観光客に
アピールするのも面白いかも知れませんね。。

この記事へのトラックバック