カノープスが見える北限の里山???

先月末、牡鹿半島での念願のカノープス撮影に成功しました
車で行ける、お手軽観望地の北限だと思われましたが、その後の
私なりの計算の結果、北限地更新の場所が新たに見つかってしまいました
山頂には巨大なレーダードームが有り、とても見晴らしの良い里山で、
標高は460m、目的のカノープスの正中高度は6分角位と思われます。。。
これまでロケハンを含め4回チャレンジしましたが、全て撃沈されてしまいました

画像


撮影現場の状況です。(3回目チャレンジの時)
カノープス確認用双眼鏡の脇の人影は、私自身です。
ここでカノープスが確認出来れば、間違いなく北限地となるはずです。
(あくまで車で行けて、すぐ見られる場所としてです)
レーダー施設の水銀灯+下界の都市(人口10万人)の港湾施設等の
光害の影響が有り、牡鹿半島以上の困難さが予想されます。
この日は、上空は快晴でしたが低空に雲が有り撃沈。。。

画像


山頂に有る巨大なレーダー施設です。(2回目ロケハンの時)
球体の直径は10mぐらいは有りそうですね。
これが天体ドームだったなら、メートル級の望遠鏡が入りそうです。
この近くに、航空自衛隊の矢本基地がある為に、
私は最近まで、この山全体が防衛省管轄と勘違いしてました。
その為、この山には登れないんだろうなぁぁ~~と、
勝手な思い込みをしてたのです。。。
ところが今回登って見ると、この施設は国土交通省管轄で、
どうやら無人で運用されてるみたいでした。

画像


先週の土曜日は大雪となりましたが、その翌日に無謀にも4回目の
チャレンジで行ってきました。
レーダー施設が無人の為、この山には除雪車も入らず融雪剤も撒かれません。
(アイスバーン状態の時は、恐らくスタッドレスタイヤでは登れないと思われます。)
この日は、積雪路面をラッセル、ラッセルしながら何とか登り切りましたが。。。
山頂付近の馬の背部の無線塔付近に、積雪50cm以上の吹き溜まりが有り、
そこから先は、車での走行は不可能となりました
仕方なく、そこから機材を担いで徒歩で撮影現場まで行く事にしました。

画像


目指すレーダー施設までは、直線距離で約1km。。。
クソ重いジッツォの大型三脚を担いでの雪上行軍は、
本当に疲れました
天気が悪ければあきらめたのですが、この日に限って
南の水平線上は、完璧な青空モード。。。
(その時は、撮影成功の確信が有りましたが。)
しかし、カノープスの撮影時間頃は、無情にも雲に覆われて、またもや撃沈でした。。。
帰りの1キロは、まさに八甲田雪上行軍の気持ちでしたね。(氷点下10度。。。)
果たして、自己記録更新となるのでしょうか???

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ふわり
2010年02月11日 23:57
こんばんは~
雪道 しかも誰も通ってない足を捕られそうな雪道を1キロですか
お疲れ様でした~ でもこんなものすごくきれいな青空だったら ちょっと頑張っちゃうかもですね!
きっとしゅうちゃんさんなら この場所からカノープスゲットするでしょうね
頑張ってくださ~い
takos
2010年02月12日 11:01
はじめまして。
宮城県に移住して日短いもので、どこが良い撮影地が判らず困っておりました。このブログは大変ためになります。仙台が明るいので、遠征しなければならないようですね。
山元町は近いので何回か行きましたが、東以外は余り暗くなく思ったよりも曇りが多いようですが、こんなものでしょうか。12月1月初めまでは、冬の銀河にはうってつけの場所で1時間以内というロケーションは気に入りました。

女川方面の方がやはり暗いのでしょうね。晴天率はどうでしょうか。
質問ばかりで申し訳ありません。
しゅうちゃん
2010年02月13日 01:35
☆ふわりさん、こんばんは。
条件が良ければ、見えそうなので
確認出来るまで行って見たいですね。
早いところ北限記録に終止符を打ちたい
気持ちです。
本命は、秋口の栗駒山山頂になりそうで、
今のうちから体力トレーニングでも
始めなきゃなぁ~んて思ったりしてます。
今回の雪中行軍で、体力の無さを痛感しました。
しゅうちゃん
2010年02月13日 02:04
☆takosさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
撮影記中心の、穴ボコだらけのブログですが
今後ともよろしくお願いいたします。
仙台近郊の撮影好適地は、夏は山側、冬は海側の
パターンが多いです。
仙台はどちらへも1時間位で行けるので、
天気具合で、場所を選択出来るメリットが
有りますね。
冬場は、南三陸のエリアが良いようで、
県南部の山元町も東側から天頂にかけては
まずまずの条件だと思われます。
(最近はどちらも晴天率が悪くなりました、
安定した冬型が続かない為かと思われます)
10年くらい前は、冬場は山元町一本でしたが
最近は、雄勝町の恐竜ランドへの遠征が
多くなりました。
漁火や密漁監視船のサーチライトの無い
夜は、物凄い星空が広がりますよ。。。
夏場は、蔵王周辺が多いですが、
暗い空の条件では、やはり栗駒山周辺が
最高です。
前回の大地震で崩れ去った現場が
私が良く通った遠征地でした。
(グランドキャニオンのように成りました)
季節、曜日、時間帯を考えると、あの地震に
巻き込まれた可能性が十分有りました
地震被害からの復興は、まだまだですが、
いつの日か、素晴らしい栗駒の星空を
のんびり眺めて見たいですね。
takos
2010年02月14日 15:26
しゅうちゃんさん、

こんにちは、情報ありがとうございます。首都圏から考えると夢のように近いですね。山元は何回か行きましたが東から天頂までですね。ですので今の時期だとなかなか難しい感じです。12月頃は良かったですが。
北に仙台なので北はしょうが無いのですが意外と南、西までが明るいのには驚いています。光害は日本中大変ですね。
南三陸、少し遠いですが聞いてみるとぜひ行ってみたいですね。せっかく行くならより暗い所に行ってみたいです。
栗駒はグランドキャニオンみたいなんですか。安全なら試写体として良さそうですが危険そうですね。

しゅうちゃん
2010年02月14日 20:00
takosさん、こんばんは。
山元町は確かに明るくなったようです。
南の相馬市の明かりや、西のエリアも
コンビ二の明かりや何やらで最近明るいですね。
とにかく、仙台圏の街明かりの影響が少ない
エリアまで遠征しなければならないようです。
ちょっと遠いですが、岩手南部の室根山周辺も
オススメのエリアです。
山頂には天文台も有り、自然豊かな所です。
宮城側の栗駒山周辺は、地震からの復興が
まだ終わらない為に、立ち入り禁止状態ですが
どうやら、今年の秋頃から入れそうです。
もちろん崩れたエリアへは近づけませんが、
通行が可能になったら、数年ぶりの
栗駒での撮影が実現出来そうですね。
takos
2010年02月16日 01:10
しゅうちゃんさんへ
 色々教えて頂いて有り難うございます。人が少ない地域ですから、どこかで偶然お会いできることもありそうですね。

室根山。新たな情報です。ぜひ行ってみたいですが、最近天気が悪いですね。2月も下旬になれば早朝の銀河が楽しめそうでその頃には天候も良くなってほしいです。
しゅうちゃん
2010年02月17日 06:52
☆takosさん、おはようございます。
近いうちに、どこかでお会い出来そうですね。
遠征先では、星屋さんに会う事がほとんど
無いので、何時になるのか楽しみです。
最近、週末の度に天気が荒れてるので
フル装備での遠征を避けてましたが、
そろそろ安定しそうなので、出撃
しようかな?と思ってます。。。

この記事へのトラックバック