カノープス総括(前半戦)

そろそろ3月も終わりに近づき、新年度はもうすぐですね。
正月から追い続けたカノープスは、もうすでに薄明の空の中に有り、
今年の撮影前半戦は終了となりました。。。
秋の後半戦に向けて、この辺で総括??してみたいと思います。
詳しい事は、天文ガイドの記事の中に書いたので、ここでは
次なる撮影地の情報を書いておきます。
是非とも、私以外のチャレンジャーが出て来てほしいものです。。。

画像


石巻市の北北東約8kmに位置する、上品山(じょうぼんさん)です。
標高は467mで、山頂部に巨大なレーダー施設が有ります。
私が1月にカノープスの撮影に成功した、牡鹿半島の人石山からは、
北に約18kmの距離です。
今のところ、車で気軽に行けて、すぐに撮影出来る現場としては、
ここが真の北限地となりそうですね。
(予想高度は、5分角です)
今回は、10回以上チャレンジしましたが、全くダメでした
(石巻市の光害+低空のモヤ+雲などの悪条件の為)
この山には複数の登山ルートが有りますが、おすすめは
山の西側(飯野川方面)の堀内地区から上る舗装された道です。
他の道は、荒れた林道らしく積雪時には上れそうに有りません。。。
ちなみに、上品(じょうぼん)の意味は、読み方からも(じょうひん)の意味ではなく
仏教用語の極楽浄土の意味や、僧侶に与えられる官位の意味との事です。

画像


撮影場所からの南方の眺めです。
中央の凹んだ山の上が、カノープスの正中する位置です。
水平線までスッキリと晴れ渡れば、見られそうな感じですが、
今回は、そんな好条件に遭遇する事が有りませんでした。

画像


山頂のレーダー施設の北約100mの所が撮影現場です。(標高450m)
上品山で南側の水平線が見える最も北側の場所となります。
しかしながら、前方の笹が視界を妨げているので、実際の撮影は
このようなハイアングルでの撮影となります。
(強風下ではちょっと辛いかも。。。)
ここだけ除雪されているのは、降雪の後にここだけ自力で除雪しておいたからです。
夜間にアイスバーン状態になる事が多かったので、路面を乾燥状態にする為に
行った処置でした。
レーダー施設の職員の方が、この現場を見たら、さぞかし不思議がった事でしょう。。。
今年の秋は、ここで見られるでしょうか???

画像


上品山の東に位置する、雄勝町の硯上山です。
標高520mで、上品山のこの撮影地の北約150mに位置します。
若干の里山登山を要しますが、標高も有り南側に光害も少なく、
水平線が望めれば(未確認です)見られる可能性は大ですね。
冬期(12月~3月)は、登山口までの県道が通行止めとなる為、
10月下旬~11月いっぱいのチャレンジ期間となりそうです。
登山口から山頂までは標高差がたったの170mで、遠足で訪れる
幼稚園児たちが、徒歩で上れるくらいに整備されているとの事なので、
登山と言うよりは、ちょっとした散歩に近いかもです。。。
近いうちに、視界の確認も含めて行ってみようかなと思っています。
この硯上山の北のエリアでカノープスが見られそうなのは、
本丸とも思われる、栗駒山山頂です。(標高1628m)
上品山の北約50kmに位置しますが、実際のところ
気軽に行けそうも無く、今年の秋は、こちら上品山エリアが
チャレンジの中心となりそうですね。

画像


未公開だった、カノープスのスーパーショットです。
光芒が伸びて、水平線にくっ付いています。
太陽の出没時に見られる現象ですが、今回の撮影で
太陽以外の恒星でこの現象を写すことが出来ました。
この秋、これ以上の画像を得られるのか???
とても楽しみですね。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年03月28日 12:01
こちらも素晴らしい!!
ふわり
2010年03月29日 00:18
こんばんは~
カノープスへの挑戦前半戦お疲れ様でした
後半戦も楽しみですね
でも 海に近くても結構雪があるのですね
雪は見ている分にはきれいなので好きなのですが
山では大変なことになりますね
3年前の1月末から2月いっぱい 師匠とカノープス探しをしたことがありました
結局見えなかったのですが 寒い中 おでんが美味しかった事が思い出されます~
しゅうちゃん
2010年03月29日 00:26
☆けんじさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
この秋も続けてチャレンジする予定です。
ロケハンを兼ねての登山も楽しみですね。
しゅうちゃん
2010年03月29日 00:36
☆ふわりさん、こんばんは。
標高400m程の里山ですが、今年は数回
ドカ雪が降り、意外と積雪が有りました。
その為、車にはいつもスチール製のスコップを
積んだままでの遠征でした。
職務質問をされたら、かなり怪しい人物
だったかもしれませんね。。。
寒い中のおでんは、おいしそうですね。
師匠は、あの方でしょうか???
ふわりさんには、とてもすばらしい師匠が
そばにいて、本当にうらやましい限りです。。。

この記事へのトラックバック