10年計画スタート

先日、古い資料を探す為に、押入れの中を
ガサゴソ整理していたら、何やら折られた画用紙が出てきました。
ちょうど4週連続で、TV映画(パイレーツオブカリビアン)を見ていたので、
こりゃ宝の地図かな??なぁ~んて思いながら広げてみると、
これまたびっくり、私が中学1年の時に描いた絵でした。
美術の授業で、将来の夢の題材で描いたもので、
巨大な望遠鏡を覗く、将来の私の姿のようでした。。。
あれから30年以上過ぎましたが、一向にその夢を果たせてませんが、
何やら、とても新鮮な気持ちになりましたね。。。

画像


なんだこりゃの変てこな望遠鏡の絵ですが、重量感あふれる
ドイツ型赤道儀がとても印象的ですね。
口径は、あっと驚く80cmオーバーでしょうか??
どうやらこの絵は、当時の仙台市天文台で真近に見た
巨大な41cm反射望遠鏡の強烈な印象から描いたようです。
それにしてもヘタクソな絵ですね~~
そんな訳で、ここらで人生の一大決心をする事にしました。
10年後の2020年4月19日には、こんな感じで過ごしましょうかと。。。
10年の時間の単位は、パイレーツを見た方にはピンと来るかもです。
(ちょっとだけ映画のイメージを被せてみました。)
実際には、資金的な問題が大きな壁ですが
ここは、海賊にでもなってみましょうかね
あと10年。。。どれだけの物が実現出来るのでしょうか???

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

もも
2010年04月19日 12:50
こんにちわ、ももで~す。
わ~夢のある絵!!
だれでもこんな未来予想図を描いたのでしょうね。
今の子供たちの夢はどんなでしょう~
どんな未来の絵を描くのでしょうね?
まさか~高層ビルの間をチューブが無数に伸びていて、その中を未来の車がビュンビュン行き来してる。
なんてのは無いんだろうな~
これが背広を着た公務員になっている自分の姿だったりして?
しゅうちゃん
2010年04月20日 21:21
☆ももさん、こんばんは。
この絵を描いてからの30数年間、
ふと振り返ると。。。
あっと言う間でしたね。
これから10年先は、果たしてどうなってるの
でしょうか???
たったの3650日しか有りませんし。
どこまで実現できるのか、夢から現実の
計画に移行しなければなりませんね。。。
もも
2010年04月20日 22:07
こんばんわ、ももで~す。
だれでも描いた未来の姿ですね。
ワタシの10年後は年金生活?
でも、肝心なことは形ではなく心かもです~
10年後のしゅうちゃんさんの眼(心)は何を見ているのでしょうね?
sho
2010年04月20日 22:32
しゅうちゃんさん、こんばんは。
とても素敵な絵だと思います。少年の夢が、1枚の紙の中に凝縮されているようで、私も昔を思い出しておりました。
素晴らしい夢、ぜひぜひ、実現してくださいね。

私の子供の頃の夢は天文学者になることでした。職業としての学者にはなれませんでしたが、楽しい天文ライフを過ごしています。それでは、今の夢は?そう思ってみると、何かなぁと・・・。家族仲良く暮らせることかと。すみません、現実的で(苦笑)
もも
2010年04月20日 22:51
こんばんわ、ももで~す。
>shoさん
「ワタシの場合」ですが。
未来予像図は。ハード的にはほぼ満足です。
さて、これからどこに向かったらいいのか?
気楽に星見?
理屈を突き詰めるには追いつかない~
小学生のワタシも天文学者が夢でしたが、頭がついてきませんでした。
さて~これからの夢は?
とりあえず、目先の(一年先くらいの)ことを追いかけて!で、しょうかしらね?
しゅうちゃん
2010年04月21日 06:14
☆ももさん、shoさん、おはようございます。
長年描き続けてきた、星見台構想が
現実的に動き始めたかも??です。
本来、もっと若い頃から、準備を進めれば
良かったのですが、もろもろ超現実的な問題が
山積みで、いつも先送り状態でした。
そろそろ人生の折り返し点を迎えそうなので、
(人生100年として。。。)
ここらで、のんびり星見の出来る空間を、
作りたいと思うようになりました。
20年以上続く遠征撮影生活も楽しいのですが、
(これからもこちらが、メインです)
天候に左右されずに、天文ライフを満喫する
空間が欲しくなりましたね。。。
自宅の部屋ではなく、常に設置された
相棒の主砲と過ごす満ち足りた時や、
何の制約も受けずに、のんびり見る
星見の時間など、人生の後半戦は
こちらに比重を多くかけようかな??
などと思っております。
機材の規模は、おそらくそれなりのものに
なりそうですが、アトリエとしての空間、
もしくは隠居小屋としての空間など、
使い道は多々有りそうですね。
研究や、撮影に没頭する天文台的なものではなく
そこに居るだけで、気持ちの安らぐ空間としての
星見小屋にしたいですね。。。
もも
2010年04月22日 21:07
こんばんわ、ももで~す。
はい、10年後を楽しみにしております!!
しゅうちゃん
2010年04月23日 06:02
☆ももさん、おはようございます。
10年後、完成祝賀パーティーでの
乾杯の挨拶お願いしまぁ~す

この記事へのトラックバック