蔵王の星空

星空撮影を始めてから、この地には何回通ったのだろうか???
恐らく、数百回???
主砲を車で運んで設置して、朝には分解して撤収の繰り返し。。。
晴れた夜の恒例のお楽しみの行事のような感じでしょうか。
蔵王大黒天は、そんな私の撮影フィールドの中では庭のような存在です。
しかし、今年だけは事情が異なりました。
あの信じ難い大震災+津波の襲来。。。

復興なんてまだまだ先の話で、10年単位の計画が必要かも知れませんね。
私には直接大きな被害が有った訳では無いのですが、家を失い近所に避難して
来られて仮住まいの方々の生活は、聞けば聞くほどフリーズ状態で、
何にも変わってないなぁ~~と言うのが実感です。。。
そんな中、
復興!復興!の名の下で、イベントやお祭に励む方々は、結局の所
自分達が楽しいだけなんだろうなぁ~~なんて思ったりしています。
(最近、やたらにこんな光景を目にしたり、聞く事が多くなりました)
まあ、盛り上げる気持ちは分かりますが、今なお不自由な暮らしの方々には
お祭どころでは無いのですよ!!!
被災地では、こんな感覚のギャップが深まりつつ有ります。。。

さて、私にとってのメインの撮影地である蔵王大黒天。
標高が1500mも有り、蔵王に吹き付ける事の多い強い西風をガードしてくれる
格好の撮影地です。
観光道路からちょいとだけ入り込んだ地点なので、一般車両の進入も無く
落ち着いて撮影出来る理想的な遠征地です。
そんな所ですから、ちょくちょく森のクマさんも近くまで顔を出します
数年前には、いつも私が赤道儀を設置している場所に、巨大な糞を残して
行きやがりました
お互いの縄張り争いかな???
私も負けじと。。。
そんな事はしませんよ!!!

画像


大黒天から見た南天の星空です。
西の空に月明かりの残照が残っています。
月が沈むと美しい星空が広がり、多くの飛行機や人工衛星、それと
当日に極大を迎えたジャコビニ流星群の長大な流れ星が、天空を舞いました。



動画の1分の位置でオリオン座に流れるジャコビニの流星が写り込んでいます。
流星の流れた後には8分間もの間、流星の永続痕が確認出来ました。
You TubeサイトでHDのフル画面で見てみてくださいね。

蔵王の冬季閉鎖まであと半月ほどです。
今年は、あと何回行けそうでしょうか???
そろそろ、冬場の遠征地を探さないといけないなぁ~~と思っています。。。

この記事へのコメント

ふわり
2011年10月15日 21:08
こんばんは~
本当にきれいな空だったのですね
拝見しました~ 静かな夜静かな時の流れを感じます
今はなんにも不自由なことは無いのに ふと震災直後の沈んだ気持ちが重く心の中に湧いてくることがあります
今も不自由な生活の方達はさらに・・でしょうね
でも遠く離れた人達には結局 対岸の火事なのかな とも感じてしまうこともあります
原発問題は特にそう感じてしまいます。。。
冬場の遠征は 海岸方面だったでしょうか???
さすがに行けないですね 私がたまに行ってたところは
線量が高いので 私も考えないと~
もも
2011年10月16日 01:34
こんばんわ、ももで~す。
先夜も紅葉の吾妻スカイラインに行って、月明かりで星と紅葉を撮ってきました。
星と紅葉の撮影のチャンスだったのですが、ほとんど通過する車も無くて貸切状態でした。

しゅうちゃん
2011年10月16日 18:36
☆ふわりさん、ももさん、
こんばんは。
東北の山々は、今まさに紅葉最盛期ですね。
私も紅葉見物+登山で先週、栗駒山に登って
来ました。
カノープス撮影の為のロケハン登山でしたが
登山道の様子や、撮影ポイントの確認が
出来ました。
日中は登山客も多く、何の事も無いのですが
やはり夜間登山は、ちょいと怖いものが有り
ますね
出来れば、月明かりの有るうちに撮影を成功
させたいのですが、これだけはお天気次第と
なりそうです。

冬場の撮影地ですが、これまで遠征していた所
には、しばらく行けそうに有りません。
(恐らく、数年間は無理でしょう)
衛星画像を確認して、数箇所行けそうな所が
見つかったので、近いうちに下見でもして
来たいと考えています。。。
オリオン
2011年10月21日 01:37
こんばんは。
栗駒山に足を延ばされたのですね!
こちらも10月上旬にカノープス撮影&紅葉を見に
登ってきました。
あいにく、その日は強風で山頂付近には常に雲が
湧いていたため、山頂までは登れませんでした。
チャンスを見て登るつもりでいましたが、計画を
組んでいる日に限って曇りや雨・・・。どうしても
山頂までは最低でも往復で3時間はかかるため
平日だとカノープス撮影後に下山して出勤・・・
みたいなハードな感じになりそうなので、登る
事ができる日は限られてしまいます・・・。
栗駒山も登れるのがラスト2週間程度。
月明かりがなければ夜道はかなり怖いです。
熊も生息しているエリアなので、気をつけて
行かなければないですね・・・。
しゅうちゃん
2011年10月22日 06:25
☆オリオンさん、
おはようございます。
今年も早速行かれたのですね。
私も日中のロケハンの後に、一度だけ夜間に
行ってチャレンジしてみました。
しかしながら、強風や山頂にまとわり付く雲の
為に登山を断念して、いわかがみ平でとりあえず
決行してみました。
透明度は抜群でしたが。。。
(仙台市のビル群も良く見えてました。)
地平線上すれすれに広がる遠方の雲の影響で
見事に撃沈!!!
帰宅して確認すると、栃木~福島南部にかけて
帯状の雲が北上してました
やはり、関東上空も快晴で無いと無理なよう
ですね。。。
そろそろ降雪もしそうだし、結構条件的に
厳しいものがありますね。
チャンスが有ったなら、またチャレンジしたいと
考えています。
オリオン
2011年10月22日 15:59
夜間もチャレンジされたんですね!自分がチャレンジした日も、まったく同じ状況でした。確かに厳しいですけど、同じくチャンスあれば行ってみたいですね。仙台のビル群まで確認されたんですか?双眼鏡での確認ですか?やっぱり望遠鏡ですか?あと雲の状況確認には、どこかオススメのサイトありますか?冬は私も宮城沿岸でカノープスを目にしたいものですが、難しいかもしれないですね…。
しゅうちゃん
2011年10月23日 11:12
☆オリオンさん、
こんにちは。
今回の栗駒山のいわかがみ平(標高1113m)での
チャレンジは見事に撃沈でしたが、仙台市街の
灯りの様子や、正中時の地形的な確認も
出来たので、まずはロケハンは成功しました。
私の計算では、いわかがみ平での正中時の
高度は約9分角ぐらいだと思われます。
正中時のエリアには、明るい光害も少ないので
カノープスが見られれば、すぐに気づくと
思われますね。
透明度が良くて、完全に南の地平線まで快晴
ならば、楽にカノープスが見られそうです。
しかしながら、そんな好条件にめぐり合う事は
非常に困難な感じもしてます。。。

本命の山頂でのチャレンジは、より困難な
条件が付きまといますが、18分角もの高さで
見えるので、いつかはチャレンジしてみたい
ですね。。。
(牡鹿半島や、硯上山で見た時の正中高度は
たったの3分角でした。)
しゅうちゃん
2011年10月23日 11:18
追記です。。。

カノープスの目視での確認作業では、口径60mm
倍率12倍の双眼鏡で行いました。
仙台市の夜景がとても綺麗に見えましたよ。
雲の画像の確認は、帰宅してからの事後の
確認で、気象庁のホームページの衛星画像で
確認しました。
本当は、現場でリアルタイムに高解像度の
雲の画像を見られれば良いのですが。。。
オリオン
2011年10月23日 16:41
詳しい情報ありがとうございます!南に見える街の明かりは仙台だったんですね!てっきり古川かと…。イワカガミからは写真とりましたが、見える可能性あるんですね!!ステナビだと見えそうだけど地平線と重なってるから無理だなぁって思ってました。山頂じゃなくても可能性あるのは嬉しいですね!
しゅうちゃん
2011年10月23日 18:21
☆オリオンさん、
こんばんは。

いわかがみ平から見える、カノープスの正中高度
の計算が間違っていました
9分角ではなくて、約5分角です。
いずれにせよ、かなり厳しい値ですね。。。

この記事へのトラックバック