新年あけましておめでとうございます!!

あけましておめでとうございます。

昨年は、金の付く天体ショーが目白押しでした。
その中でもこの金環日食は、人生初の日食らしい現象でも有り
とても感動しましたね。
次は、是非とも皆既日食を見てみたいものです。
(楽しみは、最後まで取って置きますかな?

画像


今年の年賀状です。。。
これからプリント作成をして遅ればせながら出す予定です。
いつもは、普通の年賀はがきに写真を貼り付けて出すのですが、
今回はちょいと手抜きをしようかと思い、10円高いインクジェット写真用の
光沢タイプの年賀はがきを用意しておりました・・・
それが、間違いの始まりだったとは・・・
私が使用しているプリンターは、顔料インクタイプなのですが
何と!!
このインクジェット写真用の年賀はがきには、使用出来ないでは
有りませんか
一応プリントして見ましたが、やはりダメでした・・・
別の古い染料タイプのプリンターでは、階調表現が全然ダメで
結果、いつものように写真を貼り付ける始末に
まあ、仕方のない事ですね

さて、今年の活動予定ですが・・・
彗星中心の遠征撮影が多くなりそうです
撮影機材のセレクトや調整は、完全に彗星モードでしょうね。
新年早々地球に接近中のリニア彗星も面白そうだし、
3月のパンスターズ彗星にも期待したいし、何と言っても
11月のアイソン彗星でしょう。
こんな彗星の当たり年は初めてで、アイソン彗星に至っては
昼間の青空の中に見る事が出来るでしょうね。
どんな壮大な光景が広がるのでしょうか???
よく彗星は水ものと言われるように、期待されてもショボイ姿に
しかならない事も有りますが、まずこのアイソン彗星は
ショボくなる要素を見つけるのが困難なくらいに好条件です。
あまりの凄さに、どっかの国で政変が起こったりして???
本当、ワクワク感が一杯の1年となりそうですね。

話は変わり
先ほどまで庭先でお月見撮影をしていたのですが、
短時間ながらやや明瞭な体内センサーが作動しました。。。
大晦日からず~~と酒飲みが続いた影響??かも知れませんが
ちょいと注意したほうが良さそうです。
新年早々とは言え、地球には関係有りませんからね。。。
今年も、ユ~ラユ~ラと揺れるのかな???

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ふわり
2013年01月02日 21:59
明けましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願い致します
さて さっそくですか~?! 今日ガソリン満タンにしたし! 大きいのは来ないといいのですが・・・
年賀状 金色に輝いていて いいですね~!
新しい年にふさわしい希望を感じる年賀状ですね
彗星 そんなに期待満々なんですね! それはとっても楽しみです~
なんせ今まで ちゃんと自分で導入して撮ったのはホームズ彗星とルーリンだったかな?
そのくらいなので そんだけ大きかったら・・・
楽しみですね~ どの方角を検討すればいいのでしょう???
しゅうちゃん
2013年01月03日 08:13
☆ふわりさん、

あけましておめでとうございます!!
とりあえず新年早々の注意喚起として、
備えは十分にしておきましょう!!

金色色の年賀状を気に入ってもらい
とてもうれしいですよ!
昨年の作品としては、これが最高の出来だった
かも知れません・・・

2つの大彗星は、徐々に近づいて来ています。
パンスターズ彗星は、3月10日~4月にかけて
日没直後から西の空に見えるでしょう。
どれだけ尾が伸びるのか??
大いに期待したいですね。
西の地平線付近まで見渡せる場所を、
今のうちにチェックしておこうと
思っています。
広角レンズで、残雪の残る前景での
撮影が多くなりそうですね。

ちょいと先のアイソン彗星は、11月初旬から
年内中は、明け方の空に雄大な姿を見る
事が出来るでしょう。
魚眼レンズの画角でも印象的な姿を
捕らえられそうで、冬の透明度の良い空の
中に美しい姿を見られそうです。
年末~来年の1月中旬頃には、肉眼彗星のまま
北極星の近くを通過して、一晩中見る事が
出来るでしょう。
この頃は、動画用の撮影でも面白い作品を
作れそうですね。
カメラ1台で狙うには、とてももったいない
彗星なので、アイソン彗星は複数台の
撮影機材で狙う事になりそうです。
本当、楽しみですね!!!
N田
2013年01月03日 10:22
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
こちらの年賀状も本日発送予定です。年々出すのが遅くなってしまっています・・・
確かに今年は彗星に期待大!ですね。アイソンが来る前にフルサイズのデジカメをゲットしたいところですが、先立つものが・・・
東北地方での大き目の地震ですが、記録に残っている地震を調べてみたところでは、上弦又は下弦の月前後の発震が多いです。1月5日が下弦ですので前後数日は要注意かも知れません。
しゅうちゃん
2013年01月03日 10:53
☆N田さん、

あけましておめでとうございます。
彗星三昧となりそうな本年、出来るだけ
記録に残したいと私も思っております。
こんな年はこれまでの天文趣味人生の中で
初めてですものね!!!
フルサイズのデジカメ、是非ともゲットして
下さいね!!!

地震の件・・・
一般的にトリガーとなるのは、満月期と
新月期と思われがちですが、N田さんの
おっしゃる通りに、実は半月期に多いとの
統計上の説も有りますね。。。
理由は分かりませんが、月の地殻に及ぼす
影響はかなりなものなので、何らかの影響が
有るのでしょうね。

こちらのエリアとは別の、近畿圏の巨大内陸
直下地震の予測が報じられた、八ヶ岳の
K田さんの観測予兆報告にも注目したいと
思っております。
今日あたりに観測データの収束傾向が見られれば
1月8日近辺が、西日本(京都周辺)での警戒日
となりそうですし・・・
何も起こらない事を願うばかりです。。。

この記事へのトラックバック