サイディング・スプリング彗星 (C/2013 A1)

2014年10月20日午前3時30分頃(日本時間)、サイディング・スプリング彗星が火星に14万kmまで接近して通過しました。
彗星発見当初は、火星に衝突する可能性が有るとの事で注目されましたが、幸いな事に衝突は無事回避されました。
日本からはその時間帯に見る事が出来ない為に、私は最接近の9時間前に夕方の超低空の条件下で彗星の撮影に挑んでみました。

画像


10月19日18時30分
イプシロン250C (850mm/3.4)
EOS 6D
8秒露光×2フレーム(加算平均処理)
ISO6400
宮城県石巻市雄勝町にて撮影
2000mm相当にトリミング

夕方の薄明終了時の彗星の地平線からの高度は15度以下でした。
低空のモヤと石巻市~仙台市方面の光害の影響が有り、撮影にはかなり
困難な条件でしたが、何とか写す事が出来ました。
明るい火星とは対照的に彗星はとても暗く、比較星の光度から推察して
13等星ぐらいだったと思われます。
しかしながら、火星からは天空を物凄いスピードで駆け抜ける彗星が
見られたと思われ、NASAが火星地表面で活動している探査機で
その光景の撮影を試みたと思われます。
データの受信に数日掛かるとの事なので、近いうちにその画像が
公開されるでしょうね。
もしかして、地底に住む生命体が地表に出てきて、その壮大な光景を
眺めていたりして???

一応、動画も作成しました・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ふわり
2014年10月21日 21:07
しゅうちゃんさん こんばんは~
わぁ~ 撮られてたのですね
動画では わずかに移動している様子が分かりますね
土、日と良く晴れましたね オリオン群はどうでしょうね
しゅうちゃん
2014年10月22日 06:46
☆ふわりさん、こんにちは。
火星に衝突すればかなりの話題となった彗星です。
日本からは撮影条件が悪く、果たして写るのか?
の状態でしたが、結果、撮影に成功しました
それにしても暗い彗星でしたね。
もしもこれが地球で起これば、大騒動となる
ところでした・・・

前日の土曜日の夜は、久しぶりに浄土平に
遠征しました。
目の前に噴気の上がる光景でしたが、
快晴の素晴らしい星空でした。
蔵王山がちょいと怪しい状況なので、こちら
に遠征しましたが、考えてみれば噴気の
上がる火口近くでの撮影でしたので
危険度は同じでしょうね・・・
各種計測器に異常も無く突然噴火するような
小規模の水蒸気爆発の時には、完全に
あきらめなければならないでしょうが、
計測器に異常が見られるような状態の時
(蔵王山のように)には、立ち入る事は控えた
ほうが良さそうです。

オリオン座流星群は今がピーク時ですが、
高原状の出現ピークですので、あと数日は
同じような出現状況となりそうです。
前線が南下すれば晴れそうなので、一応
遠征も考えています。。。

この記事へのトラックバック