天の川銀河

4月下旬の快晴の夜、宮城県沿岸部の雄勝町まで遠征してきました。
透明度抜群の夜で、久しぶりに白く輝く天の川を見る事が出来ました。
これまで何十回も遠征している所でもあり、今回も期待を裏切らない
素晴らしい星空を見る事が出来ました。

画像


2017年4月23日01時53分
EOS6D+TAMRON SP15-30/2.8
F2.8、30秒露光×8フレーム(加算平均処理)
90S赤道儀にて追尾撮影
宮城県石巻市雄勝町

大気光も明るく輝く夜でした。
普通に強調処理をすると、大気光の緑色や赤色で画面全体が
カラフルになってしまいます。
今回は全体的に控えめな処理を施して、天の川の輝き重視で
処理してみました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

オリオン
2017年05月17日 00:40
お久しぶりです。素晴らしい天の川!時々見せて頂く袖山の空に比べると若干落ちるのかもしれませんが、それでも、一関周辺の光害(小さい街ですが、一人前に光害は影響大)がある空に比べると天と地ほどの差を感じる濃さですね!同日、私も市内の外れ(できるだけ光害の少ない地)で大気光の映り込みを確認しながら、こと座流星群を見ていました。梅雨入り前には私も光害の少ない沿岸部もしくは栗駒の地で撮影したいと考えていますが、ゴールデンウィークで力を使い果たしたのか、晴れない日々が続きますね・・・。今ほど空を見るとわずかに星空を見れましたが、すぐに雲が襲来・・・。写真を見せられると袖山も行ってみたい場所ではありますが、何せ一関からでも遠いですからねぇ。
しゅうちゃん
2017年05月18日 06:51
☆オリオンさ、こんにちは。
南三陸の海沿いで、標高が50mほどしか
有りませんが、条件さえ整えば今なお
素晴らしい星空の見える所です。
しかし、これからはヤマセの影響が多いので
秋までは遠征する機会が少ないかも?です。
(海釣りで行く事が多くなりそうです)
初夏~初冬までの期間は、やはり標高の高い
所でしょうかね?
標高1100mの袖山高原には、今年はまだ
行ってませんが、条件さえ良ければ
是非とも遠征してみたいと思っております。
あそこで見る天の川の輝きは、本当に
素晴らしいものですよ!!

この記事へのトラックバック