スバル(完成画像)

ここしばらくの間、スバルの画像処理をあれこれ楽しんでいました。
強調処理あり、マスク処理あり・・・
背景レベルとほぼ変わらない淡い分子雲を、
あぶり出して喜んでおりました。
これまでの天体鑑賞写真では、メインの被写体の描写に
こだわってきましたが、その際にはある程度の手抜き処理
でも対応できていました。
しかし、分子雲の描写まで想定するとなると、
撮影から処理までかなり厳密な流れを構築しないと、
すぐに破綻して撃沈状態となってしまいます。
かつての冷却CCDで撮影していた頃がとても懐かしく、
あの頃のような撮影から処理まで没頭する状態でないと
今の時代の最先端の画像を得ることは、不可能だと
実感している次第です。
私が所有する撮影機材類は旧式の物ばかりですが、
まだまだ活用法により生かせそうかも???


画像


ほぼ完成状態のスバル画像です。
背景の淡い分子雲は、天空のどこにでも存在しています。
撮影ノイズを取り除き、画面全域で光量ムラの無い
フラットな元画像が得られると、レベル補正のみで
あぶり出しのように淡い分子雲が現れてきます。
これぞデジタル処理の醍醐味ですね。
ますます星空撮影が楽しくなってきました。
明日は天候が回復しそうなので、カラフルな分子雲の
領域をじっくりと時間をかけて撮影する予定です。



【送料無料】 万古焼 日本製IH・直火両対応土鍋 昴(すばる) 8号・(34人用)ばんこ焼業務用/ih対応/ガス対応/日本製/ばんこ焼 土鍋/IH ガス両方対応
ヴァン コムサ VAN comme ca
  サイズ 直径25.0cm 取っ手を含めると29cm 高さ16.0cm(フタ含む) 色 柄 黒に茶


楽天市場



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック