波と星空

先日、宮城県南の山元町まで行ってきました。
毎回行く度にかさあげ道路の工事が進み
いつもの撮影地までも立派な道路が完成していました。
自宅からのアクセスがとても良くなり
今後も撮影で訪れることが多くなりそうですね。
しかし、道路があっても沿岸部には
荒涼とした植樹帯が広がるばかりで、
もうここには人の営みが回復しないのだと
実感しております。
岩手の三陸沿岸から福島のいわき市までの
エリアはどこも同じような状況です。
報道で度々紹介されるような、観光客が訪れているところは
本当にピンポイントのエリアだけです。
こんな状況下で、震災復興を口実とした
大運動会が強行開催されそうで、
1万本も製作した高額なトーチの在庫処分のために
空虚なイベントも進行中ですね。
静かな波の音を聞きながら、月明かりに輝く星々を見上げ
撮影に没頭しておりました。

波と星空.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

とら次郎のとうちゃん
2021年04月06日 08:54
波とのコントラストがいいですね。長い露出時間で波の形がこのように見えるのが不思議に思いました。波は周期性があるのでこういうある程度形にでるということでしょうか。静寂な中、波音だけという感じがします。
しゅうちゃん
2021年04月26日 07:23
とら次郎のとうちゃんさんへ

とても穏やかな海辺の光景でした。
波の崩れるタイミングが同じで
露光時間との周期の関係からか
このような画像になったのかも
しれませんね。
条件の良いときは、海ほたる(夜光虫)
も見られて、青く輝く波を撮影できる所です。