大島桜

昨夜は帰宅後、山桜の開花状況確認の為に、
牡鹿半島先端部の、御番所公園まで行って来ました。
ここに自生している桜は、山桜の仲間の大島桜です。
花と葉が同時に出てくる桜で、真っ白な花と鮮やかな緑の葉との
コントラストが美しく、とても清純なイメージの桜です。
ド派手なイメージのソメイヨシノとは、明らかに性格が違います。
公園内の桜は、盛りを過ぎてましたが、昨年見つけたポイントの桜は、
ほぼ満開の状態でした。
しかし、夜半前から空の透明度が悪くなったので、撮影は無しにして、
花見酒となりました

画像

大島桜の巨木です、見ていて爽やかな気分になる桜ですね。
まるでリンゴの花のようです。

画像

現在撮影予定の構図イメージです。
魚眼レンズ使用で、空の開いているスペースに、
弓なりの姿の天の川を写し込む予定です。
桜には、補助光としてビデオライトを拡散させて使用します。
(今年は撮れるかな

画像

御番所公園から見た、金華山島から昇る朝日です。
沖合い1kmに浮かぶこの島には、黄金山神社があり、
3年続けてお参りすると、一生お金に困らないとの
言い伝えがあります。
島の向こう側には、広大な太平洋が広がってます。

画像

南天の眺望です。
以前、カノープスの北限チャレンジの記事で、Tガイドに紹介された現場です。
私もチャレンジしたことが有りますが、低空のモヤの為、失敗に終わりました。
その時は、オレンジ色に輝く漁船の灯火が、水平線上に点在していて、
一瞬見えたと喜びましたが、おかしな動きに気付き、がっかりしたものです。
手前の展望デッキには、以前、ドームを備えたログキャビンがありました。
しかし強風によるドームの破損や、機材のメンテナスの関係からか、
その姿を消してしまいました。
中にあった望遠鏡などは、どこへ行ったのでしょうか

"大島桜" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント