フィルターテスト(イプシロン)

雪雲の流れる空の下、昨夜は、
恐竜ランドまで遠征して来ました。
本来、冬型の気圧配置の時は、快晴の空になりそうなのですが、
昨夜は夜半過ぎまで分厚い雲が
その後1時頃から晴れてきたので、それから機材を組み立てて
主砲イプシロン用のフィルターテストをしてきました。
気温は急降下状態で、-7度まで下がり
今期最低気温の中での撮影となりました。

画像


イプシロン250C+EOS5D Mark2
ISO12800、30秒露光
拡散系フィルター使用

しし座の一等星、レグルスです。
(拡散した光芒の左側にある、ボンヤリしたイメージは、
不規則銀河のLEO-1です)
ノーマル撮影では、星像がシャープ過ぎるので、
あえて拡散系のフィルターを使用して撮影してみました。
(イプシロン鏡筒に拡散系フィルターを使用する人は、他にいないだろうなぁ~~)
今回のフィルター選定で、要求した条件は、

主役である輝星が、真円状に拡散すること。
拡散されたイメージで、星の色が表現できること。
周辺の微光星も、しっかり描写されること。
ゴーストやフレアの発生が無い事。
(有っても修正できる範囲のもの)

以上の条件を満たすものが、有るかどうかのテストでした。
その結果、その条件に近いフィルターが一枚だけ見つかりました。
今年は、この手の星のイメージ撮影にハマリそうですね。。。

"フィルターテスト(イプシロン)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント