蔵王の星空

星空撮影を始めてから、この地には何回通ったのだろうか???
恐らく、数百回???
主砲を車で運んで設置して、朝には分解して撤収の繰り返し。。。
晴れた夜の恒例のお楽しみの行事のような感じでしょうか。
蔵王大黒天は、そんな私の撮影フィールドの中では庭のような存在です。
しかし、今年だけは事情が異なりました。
あの信じ難い大震災+津波の襲来。。。

復興なんてまだまだ先の話で、10年単位の計画が必要かも知れませんね。
私には直接大きな被害が有った訳では無いのですが、家を失い近所に避難して
来られて仮住まいの方々の生活は、聞けば聞くほどフリーズ状態で、
何にも変わってないなぁ~~と言うのが実感です。。。
そんな中、
復興!復興!の名の下で、イベントやお祭に励む方々は、結局の所
自分達が楽しいだけなんだろうなぁ~~なんて思ったりしています。
(最近、やたらにこんな光景を目にしたり、聞く事が多くなりました)
まあ、盛り上げる気持ちは分かりますが、今なお不自由な暮らしの方々には
お祭どころでは無いのですよ!!!
被災地では、こんな感覚のギャップが深まりつつ有ります。。。

さて、私にとってのメインの撮影地である蔵王大黒天。
標高が1500mも有り、蔵王に吹き付ける事の多い強い西風をガードしてくれる
格好の撮影地です。
観光道路からちょいとだけ入り込んだ地点なので、一般車両の進入も無く
落ち着いて撮影出来る理想的な遠征地です。
そんな所ですから、ちょくちょく森のクマさんも近くまで顔を出します
数年前には、いつも私が赤道儀を設置している場所に、巨大な糞を残して
行きやがりました
お互いの縄張り争いかな???
私も負けじと。。。
そんな事はしませんよ!!!

画像


大黒天から見た南天の星空です。
西の空に月明かりの残照が残っています。
月が沈むと美しい星空が広がり、多くの飛行機や人工衛星、それと
当日に極大を迎えたジャコビニ流星群の長大な流れ星が、天空を舞いました。



動画の1分の位置でオリオン座に流れるジャコビニの流星が写り込んでいます。
流星の流れた後には8分間もの間、流星の永続痕が確認出来ました。
You TubeサイトでHDのフル画面で見てみてくださいね。

蔵王の冬季閉鎖まであと半月ほどです。
今年は、あと何回行けそうでしょうか???
そろそろ、冬場の遠征地を探さないといけないなぁ~~と思っています。。。

"蔵王の星空" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント