一目千本桜と星空

桜前線も宮城県に入り、あちらこちらで満開の便りが聞かれる
ようになりました。
そんな中、4月16日の夜明け前に大河原町の桜並木を見て来ました。
夜間と言う事も有り、夜明けまでほぼ独占状態で撮影する事が
出来ました
画像


一目千本桜の画像では、誰もが目にするポイントで撮影して見ました。
今回は来年以降の撮影の為のロケハンで、街灯などの人工光や
実際の撮影現場の様子などの確認が主たる目的でした・・・

ここのポイントが好まれる訳は、手前に流れる白石川の流れが
この画面の外の右側に位置する堤によって若干せき止められて
一時的に流れが止まり、無風の時には水面が鏡のようになり
対岸の風景を見事に水面に写しこんでくれるからです。
この画像では分かりませんが、この桜並木の向こう側には
残雪の残る雄大な蔵王連峰が見えるのです。
この日の夜は条件が悪く、蔵王連峰を見る事が出来ませんでしたが
日中には快晴の澄んだ空が広がり素晴らしい光景が見られたようです。
(恐らくこの日だけが満開の桜と蔵王連峰を写せる絶好のチャンス
だったのかも知れません・・・)
もちろん、その時間帯は私は会社の事務所内でお仕事中でした

まあ来年以降になりますが、ここでの撮影成功の為には以下の条件が
必要でしょうね。

1 桜が満開である事
2 快晴の夜空で透明度が良好である事
3 黄砂、PM2.5、スギ花粉の影響が少ない事
4 無風である事
5 半月前後の月明かりがある事
6 この時に、この現場に行ける事

当たり前のような条件ですが、これらの条件を全て満たすのは
ロト6に当たる確率よりもかなり難しそうです・・・
まあ、気長に狙ってみる事にしましょうか??? 


ここで話は、大きく変わり久しぶりに地震ネタです
今週に入り各地で地震活動が活発になりました。
地震にはほぼ慣れっ子になってしまい、先日の宮城での
震度5弱の地震の話題なども、ちょっと強い地震だったね!!程度の
会話で済む状況でも有りました・・・
さて、今現在どの地域に注目したら良いのか???
もちろん、これまで散々報道されてきた地域はもちろんの事で
実際ここに来て、2つのエリアに注目しなければならないようです。
一つは、三宅島の周辺海域でこちらは先日強い揺れを感じて
報道されました。

そしてもう一つ・・・
こちらは、ほとんど報道されていない八重山諸島近海の
群発地震です。
実は、三宅島と八重山諸島(石垣島の北西エリア)の地震は、
今週の17日の昼頃からほぼ同時に活動を始めました。
特に八重山諸島(気象庁の発表では、与那国島近海となってます)では
今現在でもかなりの頻度で、地震が起きています。
今思えば、あの日3月11日の2日前から頻発した三陸沖地震の
震源地リストの数に近いものが有ります。
当然ながら両者を比較する事は出来ませんが、やはり素人目に
見ても、こりゃなんか変だゾ!! と思える状況でも有ります。
まあ、これに関しては何の発表もなさそうですし、このまま
何事も起こらない事を願うばかりですね。
まさか、お偉い方々が2度も過ちを犯すとは思いたくも有りませんが・・・

今回の震源域に近い石垣島の周辺海域では、1711年4月24日にM7.4の地震
が発生して、石垣島に大津波が押し寄せました。(明和大津波)
記録に残る津波の溯上高は85mで、ほとんどの集落が消滅して島民の半数が死亡しました。
間もなくゴールデンウィークの観光シーズンとなるこの時期、
これだけ地震が頻発しているのに何の注意喚起も国から発信されないのかな??
(発信するはずは無いのでしょうね
しばらくの間はかなりの注意が必要かも???

実は、もう一箇所かなりヤバイエリアが有ります。
ここではその事に触れるのをやめておきます

一応、今現在の震源リストのリンク先を貼っておきます・・・
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/weekly_map/japan/weekly_list.shtml

"一目千本桜と星空" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント