カノープスの北限撮影チャレンジ

今年もカノープス北限撮影記録更新の為に、栗駒山まで行って来ました。
これまで3回ほどチャレンジして、全て撃沈・・・
本当に難しいものです
特に2度目のチャレンジだった10月25日の夜明け前は、文句の付けようの無い
撮影条件でしたが、仙台平野特有のモヤに阻まれて見る事が出来ませんでした
ちょっと南の福島からは見られたとの事なので、やはり宮城県の地形に現れる
特有の気象条件の為に、見る事が出来ないのかも知れませんね・・・
果たして今年は記録更新となるのでしょうか???

画像


栗駒山山頂からの星空です。
この日、山頂からカノープスの北限撮影に挑んだのは、私と岩手県一関市から来られたオリオンさんの2人きりでした。
何度も夜間に登っているので軽い散歩気分でしたが、やはり山頂はとても寒く
カノープスの出現を待つ時間がとても長く感じられました。

画像


山頂から見た仙台市方向の夜景と星空です。
超低空にモヤがあり、今回もカノープスを見る事が出来ませんでした。
栗駒山山頂から見るカノープスは、以下の画像のようになると思われます。

画像


推定正中高度は約15分角で、条件さえ良ければ楽に見える条件なのですが、
何故かこの低空のモヤに邪魔されて毎回見る事が出来ません。
また、これだけの低空だと遠方の高層雲の影響もあり、栗駒山からだと
遠く房総半島の上空が雲一つ無い快晴である事が必須です。
翌日、いわかがみ平から3度目のチャレンジをした時には、房総半島沖の
雷雲を確認する事が出来ました。
兎に角、直線距離で400km以上の大気透明度が抜群でないと
カノープスを見る事が出来ないようですね・・・

"カノープスの北限撮影チャレンジ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント