冬のダイヤモンド

秋も深まり、夜明け前の星空はもう冬ですね。
先日、宮城県山元町の海岸線の新防潮堤から
その光景を撮影してきました。
震災前は車の乗り入れ可能な防潮堤で、
5mほどの高さがありました。
多くの星仲間と重量級の機材を設置して、
星空撮影を楽しんだことが思い出されます・・・
しかし、20m近い津波の襲来でその防潮堤は
完全にその姿を消しました。
今現在、新たな防潮堤が整備されて、その周辺部の
復旧も徐々に進みつつあります。
完全復旧までは、まだまだ遠い道のりとなりそうです・・・

冬のダイヤモンド.jpg

冬の代表的な1等星をつなぎ合せると
冬のダイヤモンドになります。
画面上から時計回りに、カペラ、アルデバラン、リゲル
シリウス、プロキオン、ポルックス、カペラの順です。

明日の夜明け前に、オリオン座流星群がピークを迎えます。
放射点付近の月明かりと曇天の為に条件が悪く
見られそうに有りません・・・
ただし、高現状になだらかなピークで出現する流星群なので
ここ数日の間は、そこそこ見られそうですね。
条件の良い日に、この撮影地で見てみたいと思っております。

"冬のダイヤモンド" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント