鳥海山麓の神秘的な水

山形県と秋田県の日本海に面したエリアに鳥海山が あります。 標高2236mの山容はとても美しく、見る方向により その見え方に大きな違いがあります。 富士山のような端麗な姿もあり、また磐梯山のような 山体崩落による荒々しい姿もあります。 四季折々の風景を見る為に、年に数回は訪れる お気に入りのエリアです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊佐町中山堤の桜

山形県遊佐町直世中山地区の桜を見て来ました。 洗沢川の清流と桜並木のコントラストがとても美しく、 こいのぼりも元気に泳いでいました。 撮影当日は、PM2.5と黄砂の影響が非常に強くて 背景の鳥海山の描写がボンヤリです・・・ 15年ほどここに通っていますが、桜と星空の撮影も含めて いまだに満足する画像を得られていません。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春爛漫・桜の旅

先週末から4泊5日の日程で、宮城県南~茨城県にかけて 花の名所や桜の巨木を見て来ました。 (当初は、2泊3日の予定でした・・・) 特に福島県の二本松~三春にかけてのエリアでは、 どこにでも満開の桜が見られて圧巻でした。 一般宅の庭先にも綺麗な桜の巨木があり、 この時期ならではの美しい光景が広がっていました。 走行距離は10…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

天宮1号機

まもなく大気圏に突入する予定の、中国の天宮1号機を 撮影しました。 撮影時の地上高度は、約190kmで2等級の明るさで 見られました。 2018年3月30日04時31分~ EOS 6D+NIKKOR 24mm/1.4G F2、1/6秒×300フレーム比較明合成処理 IS0 8000 宮城県松島町にて撮影 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春霞の中の天の川

気温の上昇に伴い、春めいた空が広がるようになりました。 ぼんやりとした空気感は、とても風流な事ですが、 星空撮影にはあまり良い条件とは言えません。 黄砂・PM2.5・花粉・水蒸気・・・ 汚れた大気に周辺の光害の明かりが拡散されて、 また、透明度の悪さから微光星の写りも悪くなるからです。 そんな悪条件の中、雄勝町まで行って天の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の出と天の川

東松島市宮戸室浜にて、夏の天の川を撮影しました。 ボンヤリとした春霞の中にオレンジ色の月が昇り、 穏やかな夜明けを迎えました。 2018年3月13日03時40分~ EOS 6D +TAMRON SP 15-30 15mm/2.8開放 10秒露光×4フレーム加算平均処理 PM2.5の濃い夜で、とても眠たい夜空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シグマ 105mm F1.4Art

先日、シグマから新型レンズの開発発表がありました。 質量1645gの巨大なレンズで、フィルター径は105mmもあります。 光学設計とメカ設計は、2人とも天文愛好家との事で 星空撮影に特化した驚愕のレンズの登場となりそうです。 大きなレンズフードにはカーボンファーバーも使用されていて 強度を高めているとの事・・・ また巨大な前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イリジウムフレアと飛行機

イリジウムフレアを撮影してみました。 この日のフレアセンターの位置は、東松島市の野蒜周辺で 最大の明るさは、マイナス8等級の予報が出ていました。 撮影地は津波で甚大な被害が出た、野蒜駅の跡地で 東松島市震災復興伝承館として整備されていました。 画面右側の輝星は大犬座のシリウスで、 左側の輝星は小犬座のプロキオンで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

磐梯山と星空

穏やかな快晴となった3月3日~4日にかけて、福島県の 猪苗代湖周辺まで行って来ました。 風も無く穏やかな夜明け前には、強烈な放射冷却の為に 気温はマイナス8℃まで下がり、日中には20℃まで上昇して 汗ばむ陽気となりました。 残雪の残る磐梯山です。 人工的な建造物が写り込まない場所から撮影しました。 あちらこちら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天の川

24日の夜明け前、雄勝町で天の川を撮影してきました。 PM2.5の濃度の濃い夜でしたが、昨年末から見られた 強烈な明るさの漁火も無く、低空に横たわる 雄大な天の川の姿を見る事が出来ました。 2018年2月24日 04時17分~ EOS 6 D + TAMRON SP15-30/2.8 15mm、f2.8 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際宇宙ステーション

仙台塩釜港の新仙台火力発電所上空を飛行する 国際宇宙ステーションを撮影してみました。 衛星の明るさは、マイナス3等級も有りましたが 発電所敷地内からの強烈な人工光の影響で、 見た目では、かなり印象の薄いものでした・・・ EOS6D+TAMRON SP15-30/F2.8 (15mm) F2.8、0.3秒露光×…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薄明の空

先日、山元町の磯浜漁港まで行って来ました。 海釣りではなくISSの撮影の為です・・・ 当初、青根温泉の雪あかりのイベントに行き その後、国際宇宙ステーション(ISS)を撮影する 予定でしたが、寒気の流入が予想以上に強烈で、 釜房湖畔のかまくら祭りを見た後に、急いで 天候の良さそうな仙南地区の海岸線まで移動しました。 ISS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天宮1号機

国際宇宙ステーションの他に、有人実験設備の有る 宇宙船として、中国の天宮宇宙ステーションが有ります。 全長10.4m、重さ8.5t、定員3名の小さな宇宙船ですが、 2016年9月から制御不能となり、無人のまま飛行していて その軌道高度を徐々に下げつつあります。 今現在の軌道高度は約265kmで、本来の軌道から 100kmほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆既月食

牡鹿半島で皆既月食を撮影して来ました。 150年ぶりのスーパーブルーブラッドムーンです。 天候状態はあまり良くは無く、流れてくる薄雲の中での 撮影でした。 福島南部~関東東部にかけては雲も無く、 最良の条件だったようで、近場で撮影しようとした 手抜きの遠征行動を反省しております・・・ 以前(震災の年の1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーブルーブラッドムーン

明日は、皆既月食が全国的に見られます。 皆既食の継続時間が1時間以上もあり、 冬場の透明度の良い空の下、赤銅色の綺麗な満月を 見たいものですね。 今回の皆既月食は、150年ぶりにスーパーブルーブラッドムーンとなります。 ひと月に満月が2回見られる時に、2回目の満月が ブルームーンで、その時に皆既月食(ブラッドムーン)と …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月と国際宇宙ステーション

月と国際宇宙ステーションの接近が見られたので 撮影してみました。 マイナス4等級に輝きながら月のそばを通過しました。 月の上に見える赤い光芒は、月によるゴーストです。 (拡散フィルターとレンズ面で発生したものです) 動画も作成しました。 国際宇宙ステーションが夕日に染まりながら 地球の影に入りました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤道儀メンテナンス

前回の遠征撮影時、夜明け前に撮影した画像が、 追尾エラーを起こしていました。 (連続して星像が流れるパターン) オートガイド撮影ならばガイドエラーなのかも?と 思われましたが、撮影はノータッチガイド・・・ 昨夜、自宅前で赤道儀の作動チェックを行いました。 MS-5赤道儀を自宅前に設置して電源を入れると、 軽やか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリオン大星雲(強調処理)

先日アップした同じ画像から、強調処理をしてみました。 欧米調風?のアレンジですが、この手の星雲では 好みの分かれるところですね・・・・ 丁寧にダーク減算やフラット処理をした滑らかな 元画像から作成すれば、作品と呼べるほどの 画像が出来上がるかも???知れません。 昨日の画像を元に、強調フィルター処理を施しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリオン大星雲

先日撮影した、オリオン大星雲の画像を処理してみました。 お気軽な撮影をしており、仕上がりはそれなりです・・・ 星雲の中心部が飽和する事には目をつぶり、 全体を柔らかい感じになるように処理してみました。 昨今流行のHDR+あぶり出し処理とは真逆の処理ですが、 パッと見、きれいだなぁ~と感じてもらえればそれで良いと 思っておりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリオン大星雲の中心部

冬の定番の被写体、オリオン大星雲を撮影しました。 星雲の中心部は極端に輝度が高く、長時間露光撮影では すぐに飽和してしまいます。 その為に、星雲の中心部に輝くトラペジウムと、その周辺の 星雲を描写する為には、露光量を抑える必要があります。 今回は大気の揺らぎの影響の少ない短時間露光で撮影して 多数枚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more