テーマ:彗星

ウィルタネン彗星

今年も今日1日限りです。 ブログの更新も放置状態で、いつもの年と同じになりました。 来年もこんな感じで推移するかと思いますが、 星空撮影の遠征時には、できる限り更新したいと 思っております・・・ 今年の話題の彗星としては、久しぶりに肉眼で見えた ウィルタネン彗星があります。 今も明るさを保っていて、年明けも狙える明るい彗星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金星と本田・ムルコス・パデュサコバ彗星

2016年の最後の星空撮影は、金星と2月に地球に接近する 本田・ムルコス・パデュサコバ彗星(45P)でした。 夕空に明るく輝く金星とは対照的に、彗星はとても暗く小さな姿で写りました。 この日の地球から彗星までの距離は、1億2500万kmほどもありました。 来月の11日頃に地球に最も接近(約1200万km…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の天の川とリニア彗星(252P)

久しぶりに遠征して来ました 場所は県内で最も東側の空の暗い所で、今回も 素晴らしい星空が広がっていました。 現地ではすでに星空撮影をしている方がおられ、熱心に撮影を していたようです。 軽く挨拶を交わしただけでしたが、これからもお会いする事が 多いかもしれませんね。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

カタリナ彗星 (C/2013 US10)

新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 昨年は遠征撮影回数も少なく、星空撮影はほぼ停止状態でした。 作品と呼べるレベルの画像も少なく、天文ガイドの2016年天文 カレンダーには1点のみの採用という、本当に情けない状態でも ありました・・・
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ラブジョイ彗星(2015-02-14)

2月14日のラブジョイ彗星です。 見かけの大きさが小さくなり、明るさも5等級となったようです。 今後は天空上をゆっくりとした速度で移動して、5月28日頃に 北極星に1度近くまで接近します。(9等級) 2015年2月14日20時15分 イプシロン 250C (850mm/f3.4)+MS5赤道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラブジョイ彗星前半戦のまとめ(動画)

2015年1月に地球に接近したラブジョイ彗星は、 徐々に地球から遠ざかりつつあります。 今現在5等級半ばの光度で、見かけの大きさは小さくなったものの 変化に富んだイオンテイルは健在なようですね。 これから新月期に入るので、週末ごとの遠征の日々が続きそうです・・・ 1月17日に福島県の沿岸部の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラブジョイ彗星(2015-01-24)

GPVの気象予報では、夕方頃から雲が多くなるとの事で、 しかも月没が21時20分・・・ 普段ならば遠征撮影をあきらめるところなのですが、狙う相手が 近日点通過を控えたラブジョイ彗星でもあり、海外勢の物凄い画像を ネットで見せ付けられている以上、僅かな可能性を期待して遠征して 来ました。 結果、月没後も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラブジョイ彗星 (2015-01-18)

1月18日のラブジョイ彗星です。 地球からは徐々に遠ざかりつつ有りますが、今月末の 近日点通過に向けてイオンテイルの変化が激しくなって来ました。 明るさは4等級と明るく、肉眼での確認も可能です。 画面上部の輝星の明るさは、4.9等です。 2015年1月18日 21時50分 イプシロン …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラブジョイ彗星 C/2014 Q2 (動画) 

ラブジョイ彗星が見頃を迎えています。 日々イオンテイルの変化が続き、見かけの尾の長さも 20度以上の長大なものとなりました。 明るさは4等級なので、空の暗い所では肉眼でも彗星コマの ボンヤリとした光芒を見る事が出来ます。 (イオンテイルはとても淡いので、肉眼では見えないようです) この画像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラブジョイ彗星(C/2014 Q2)

地球に接近している、ラブジョイ彗星を撮影して来ました。 彗星までの距離は約7140万kmで、見かけの彗星コマ(緑色の部分)の 大きさは満月以上に拡散していました。 肉眼でもボンヤリと見る事が出来て、おそらくその明るさは3等級に 突入していると思われます。(今が明るさのピーク) ただ、彗星から伸びている淡…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラブジョイ彗星(C/2014 Q2)

2014年の撮り収めとなった天体は、地球に接近中の ラブジョイ彗星でした。 来年1月中旬に見頃を迎えるこの彗星は、順調に明るさを増しており 4等級の肉眼彗星になると期待されています。 この画像を撮影した12月28日には、低空の空に肉眼で微かに 確認する事ができました。(5等級前半?) 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイディング・スプリング彗星 (C/2013 A1)

2014年10月20日午前3時30分頃(日本時間)、サイディング・スプリング彗星が火星に14万kmまで接近して通過しました。 彗星発見当初は、火星に衝突する可能性が有るとの事で注目されましたが、幸いな事に衝突は無事回避されました。 日本からはその時間帯に見る事が出来ない為に、私は最接近の9時間前に夕方の超低空…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パンスターズ彗星 (C/2012 K1)

これから見頃を迎えるパンスターズ彗星を撮影して見ました。 先日、雄勝町に遠征した時の画像で、画面左側15度の位置に三日月が 輝く悪条件でしたが、薄っすらと右側に伸びるイオンテイルと左側に 広がるアンチテイルを写す事が出来ました。 (この画像の長辺は約1.5度です) 2014年9月21日 3時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャック彗星(2014-08-13)

ペルセウス座流星群の極大日に撮影した画像に、地球に接近中の ジャック彗星が写り込んでいました。 満月の強烈な明かるさの夜空でも明瞭に確認出来るので、しっかりとその 明るさをキープしているようですね。 広角レンズ(24mm)で撮影した画像をトリミングしてあります。 左…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジャック彗星 (C/2014 E2)

7月26日にUさんと蔵王まで遠征して来ました。 現地では山形県側から雲が流れ込み、宮城県側の撮影ポイントは 強風とモヤの広がる悪条件でもありました・・・ 下界の暑さから逃れて涼みに行った遠征でしたが、いまいち パットしない(モヤモヤ気分)の遠征でもありました。 湿気の無いクリアな秋空が待ち遠しいものです…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2013年大晦日

2013年も残りあと半日ほどとなりました。 これと言った傑作の無い2013年でしたが、今年の最終日にこの動画を アップしておきます。。。 2013年の天文関連の出来事では、このアイソン彗星の消滅が一番でしょうね。 多くの方々の期待も空しく、太陽接近時に崩壊して消滅してしまいました・・・ やは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラブジョイ彗星(再処理テスト)

ラブジョイ彗星の画像を再処理してみました。(テスト画像です) 今回は17分間のモーションを、彗星核基準で重ね合わせて見たのですが 全体的に滑らかにはなりましたが、やはり尾の微細構造が17分間の短い 時間でも平均化されてしまい、細かい描写が失われています。 地球から遥か9200万km彼方にある彗星の尾の変化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラヴジョイ彗星(12月8日)

昨夜は、ラヴジョイ彗星を撮影する為に、雄勝町まで遠征して来ました。 現地には21時頃に到着したのですが、あいにくの曇り空でその後かなりの雨降りとなってしまいました。 機材の設置が出来ないまま車中で仮眠をしていると、深夜0時頃に晴れ間が 出始めて、その後夜明けまで完全無光害の素晴らしい星空が広がりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天文ガイド2014年1月号

天文ガイドの2014年1月号に、私の撮影したアイソン彗星の画像が掲載されました。 近日点通過前の11月17日に撮影した画像で、思い出深い貴重な記録となりました。 11月13日~14日頃のバースト現象により、長く伸びたアイソン彗星の画像です。 かなりの強調処理の為に、ノイズ満載の画像でしたが嬉しい事に採用されました。{%…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さらばアイソン彗星

アイソン彗星は、11月29日の近日点通過の前に核の崩壊を起こして 拡散蒸発してしまいました かろうじて残った残骸も徐々に拡散して暗くなってしまったようです。 数日後、夜明けの空で再びその姿を見る事は、かなり難しくなったようですね。 11月23日に私が撮影した最後の姿を、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイソン彗星の残骸

想定はしてましたが、本当に残念でした 昨日、近日点を通過したアイソン彗星は完全に崩壊して蒸発してしまいました。。。 ここまでは報道各社の内容ですが、その後の画像データから微かな希望が 残っているようです 夜明けの空に見えるとすればあと数日後です。 果たしてどう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アイソン彗星 近日点通過

本日、AM3時34分にアイソン彗星が運命の近日点を通過しました。 現時点でどうなっているのかは不明ですが、昼頃までには状況が分かりそうです。 (NASAのページがほとんどつながらず、SOHO衛星の画像を見る事が出来ません) そこで、他のサイトに有った画像を貼っておきます。 近日点通過の3時間前の画像です。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

11月28日のアイソン彗星

アイソン彗星の近日点通過(29日3時34分)まで、あと22時間ほどとなりました。 彗星は健在で移動速度を速めながら、Uターンのポイントである近日点に向かっています。 SOHO衛星の画面に入り込んで来たので、その画像を貼っておきます。 ここ1日間の状態が、アイソン彗星の行方を左右しそうですね。。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイソン彗星消滅???

大彗星になると予想されていたアイソン彗星は、昨日急速に衰弱して減光したようです。 水星軌道の内側に入り、近日点通過まであと5日ほどのところで、力尽きてしまったのでしょうか? 今後はSOHOやSTEREO衛星の画像で確認することとなりそうですが、もしも消滅してしまったのならば本当に残念なことですね{%泣くweb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラブジョイ彗星(動画)

アイソン彗星は、近日点通過(11月29日)に向けて速度を速めながら太陽に向かっています。 現時点でその明るさは2等級に突入したようで、近日点通過時には-5等級以上の明るさとなりそうですね。 日中の観測は時間的に無理なので、SOHO衛星やSTEREO衛星の画像で確認する事となりそうです。 12月初旬の夜明け前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超低空のアイソン彗星(11月23日)

アイソン彗星の近日点通過前の最後の撮影として、牡鹿半島まで 遠征して来ました。 アイソン彗星の出が薄明開始時と同じ時間帯で、この画像を撮影した時の 彗星の地平高度はわずか4度の超低空でした。 月明かり以上に薄明の明るさが急速に進み、撮影出来た時間はとても 短いものでした。 後は、無事に近日点を通過して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月17日のアイソン彗星(再処理)

アイソン彗星の近日点通過まで、あと8日となりました。 1週間ほど前に小バーストを起こして、その明るさが急激に増しました。 今現在4等級前半まで明るくなっていて、今後の振る舞いに大いに期待したいものですね。 先日処理した画像を再処理してみました。 S/N比の改善の為に16フレームのコンポジットで、ギンギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピカとアイソン彗星(11月17日)

アイソン彗星が小バーストを起こして、急増光したとの情報を得て 急きょ遠征して来ました。 予定ではカノープス狙いで栗駒山登山を計画していたのですが、やはり アイソン彗星のほうが重要なので、濃霧でモヤモヤの仙台平野を脱出して 地形的に霧の発生の少ない雄勝町の公園まで行って来たのでした。 満月に近い明るい月が西の地平線上…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

11月5日のアイソン彗星とラヴジョイ彗星

11月4日~5日にかけて、今期初のアイソン彗星を撮影して来ました。 また、アイソン彗星よりも明るく見えているラヴジョイ彗星も撮影しました。 遠征地は石巻市雄勝町の公園で、震災以降は遊具が完全に撤去されていて 雑草だらけの荒れ果てた光景となっていました。 公園の管理は完全に終了したようで、駐車場のアスファル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アイソン彗星攻略本

期待のアイソン彗星の日心距離が、1天文単位となりました。 今後は地球軌道の内側に入り、徐々にスピードを速めながら太陽に向かって行きます。 彗星の明るさは予想よりも暗めですが、少しずつ明るさを増しているようですね 街中の本屋さんには、アイソン彗星関連の書籍が目立つようになり、 天文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more