テーマ:星座

冬のダイヤモンド

強烈な寒波の影響で寒い日が続いています。 星空撮影には気温の低い方が好都合なのですが、 日本海側からの雪雲の流入も多く、快晴の夜は少なめです。 先日、晴れた夜に雄勝町まで遠征してきました。 昼間の強風と乾燥した地面からの土埃の影響で 若干透明度の悪い夜でしたが、 きれいな満天の星空を見ることができました。 冬の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イリジウムフレア

イリジウムフレアを撮影してみました。 高度780km上空に68個のイリジウム通信衛星があります。 その衛星のアンテナが鏡面のような仕上げとなっていて、 上空を通過する時に地上の狭い範囲を強く照らします。 最大-9等級にも及び、しばしばUFOと間違われる時もあります。 撮影した時の最大光度は、-7等級で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜明けの星空

25日~26日にかけて、栗駒山をぐるっと1周して あれこれ撮影をしてきました。 紅葉や星空などを撮影して、その後は須川温泉の 強酸性の湯で、心地良い疲れを癒してきました・・・ 26日の夜明けの光景です。 宮城県側のいわかがみ平(標高1130m)から 撮影しました。 黄道光の中に金星が輝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぎょしゃ座

冬の天の川の中に、ぎょしゃ座があります。 大きな5角形の星の並びが特徴で、オリオン座とともに 冬の代表的な星座でもあります。 画面中央部を冬の天の川が流れています。 ひときわ明るい輝星は、1等星のカペラです。 この時期の夕方の薄明時には、北東の空に輝き 冬の訪れを実感させてくれる存在です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牡牛座

この時期の夜半前には、冬の星座が東天に姿を 現します。 スバルとヒアデス星団を含む牡牛座は、輝星も多く 撮影に適した星座です。 暗黒星雲も点在していて、処理の仕方によって様々な 表現が可能ですが、今回は星々の密集度と星座を 構成する輝星を強調して処理してみました。 これから11月下旬に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンボルツリーと天の川

宮城蔵王大黒天の星空です。 夏の大三角が西に傾き、秋の深まりが感じられました。 シンボルツリーの背景の光芒は、山形市街からの光害です。 標高が高いとは言え、低空域の光害は結構明るいです。 ここはやはり、雲海の上に出られるような条件でないと 理想的な星空とはならないようです・・・ LED照…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔵王大黒天の星空

標高1500mの宮城蔵王大黒天の星空です。 天頂付近に輝く秋の天の川を中心に、撮影してみました。 低空の空は光害でいっぱいでしたが、天頂付近ではその 影響も少なく、抜けの良い素晴らしい星空が見られました。 蔵王エコーラインの冬季閉鎖まであと1ヶ月ほどです。 月明かりの影響が大きくなり始めているので、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の星空

秋の代表的な星座と銀河を撮影してみました。 カシオペア座とアンドロメダ銀河です。 毎年この時期になると必ず撮影する対象で、 今年も澄んだ秋空の広がる夜に撮影しました。 画面左側の秋の天の川の中に、カシオペア座があります。 そして、その天の川から離れた星々の少ない宇宙空間の 遥か彼方にアン…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

オリオンの輝き

秋風が心地良く吹く時期となりました。 先日、台風一過の晴れ間を期待して遠征をして来ました。 場所はいつもの雄勝町の公園で、工事関連の資材も 撤去されていて更地となっていました。 100人以上の星空撮影人が来ても十分な広さがあり そんな中、私と仙台から来られたS氏と2人だけで 漆黒の夜空に輝く満天の星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かしまの一本松(日周運動)

先日撮影した画像から、日周運動バージョンを作成してみました。 北極星を隠すように人工天体が通過しました・・・ これから宮城県に台風が近づいてきます・・・ 今回の台風は、雨台風+風台風の最悪の性格ですが、 今後、温帯低気圧に変化した時からが要注意でしょう。 広い範囲で暴風が吹き荒れそうです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青い星々

青い星々が輝く、星空イメージの画像を創ってみました。 この時期、薄明の夕空の天頂付近に位置する琴座です。 最も明るい輝星は、1等星の織姫星(ベガ)です。 織姫星は地元仙台周辺から見ると、ほぼ真上を通過します。 夜半過ぎには、これらの夏の星座が西に沈み、 夜空には秋の星座が輝きます。 今接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デネブ付近の星空

白鳥座の1等星デネブ付近を撮影してみました。 非改造機の為に、赤い星雲の写りは控えめですが 星空イメージの画像としてはこれくらいの描写でも 良いのでは?と思っております・・・ 星空イラスト風に処理してみました。 135mmの中望遠での撮影なので、天の川の中の 近距離の星々が分離して写りま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペルセウス座

秋の代表的な星座、ペルセウス座です。 勇者ペルセウスの肩から上の部分をフレーミングして みました。 ちょうどペルセウスの後ろ姿が横になっている状態で、 明るい三角の星の並びが左肩の部分で、そこから 左側の二重星団にかけてが振り上げた剣に相当します。 画面中央から上部にかけての空間が横顔の部分に な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の天の川

長く続いた梅雨もそろそろ終わりに近づいているみたいです。(宮城県) 今週末にかけて、本来の夏の日差しが戻って来そうですね。 しかし、星空はもう秋の気配が漂っています。 ちょっと前に撮影した、秋の天の川の画像を貼っておきます。 EOS 6D + SIGMA 50mm/1.4 ART(F2.8)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スタークラウド

夏の天の川の中心部、いて座に広がるスタークラウドです。 画面中央部のやや白い星の集まりは、バンビの横顔と呼ばれています。 天の川の濃い部分ですが、南天低い位置にある為にクリアーに撮影するには 意外と難しいものです。 EOS 6D + NIKKOR 135mm/2 (F4) 30秒露光×16…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イルカ座

梅雨明けの発表以来、宮城太平洋側に快晴の夜が訪れません。 個人的な意見として、梅雨明けはしていないようだと思っています。 今後暫くはこんな状況が続きそうなので、宮城県に限って言えば 梅雨明けは無かったのかと・・・ このまま秋に突入しそうかも??? そんな訳で、以前撮影した画像を貼っておきます。 ごく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天の川中心部

さそり座~いて座にかけての天の川を撮影してみました。 撮影当日は低空まで透明度がとても良くて、この時期としてはスッキリとした 星空を見る事が出来ました。 EOS 6D+ シグマ 50mm ART 6月に入り星空を撮影出来る暗夜は、5時間ほどとなりました。 梅雨入りが近く月明かりの影響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北十字星

夏の代表的な星座でもある白鳥座は、北十字星とも呼ばれています。 先日の遠征時に撮影した画像を処理してみました。 2015年6月24日01時25分 EOS6D+SIGMA 50mm/1.4 Art F2.5 、30秒露光×8フレーム加算平均処理 ソフトンスペックフィルター使用 非改造の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

金華山に昇る冬の星座

牡鹿半島最南端部の東の太平洋上に金華山があります。 11月23日の夜半前、星空とのコラボ撮影の為に遠征して来ました。 ややモヤの多い天候状態でしたが、いつも見られる強烈に明るい漁火も無く 賑やかな冬の星空を見る事が出来ました。 牡鹿半島の御番所公園の展望台から撮影しました。 展望台の復旧工…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オリオン座

9月中旬の夜明け前、東天には冬の代表的な星座オリオンが姿を現します。 縦に昇る三ツ星が印象的でもあり、超新星爆発の時期が近い?ベテルギウスも健在なようですね。 地元宮城県からの撮影では、水平線から昇る姿の撮影が多いのですが、 今回は宮城蔵王の山並みから昇る構図で撮影してみました。 EOS 6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャック彗星 (C/2014 E2)

7月26日にUさんと蔵王まで遠征して来ました。 現地では山形県側から雲が流れ込み、宮城県側の撮影ポイントは 強風とモヤの広がる悪条件でもありました・・・ 下界の暑さから逃れて涼みに行った遠征でしたが、いまいち パットしない(モヤモヤ気分)の遠征でもありました。 湿気の無いクリアな秋空が待ち遠しいものです…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夏の大三角

悪天続きですが、この時期の夜空にはこのような星空が雲の上に 見えていることでしょうね。 本当に梅雨明けが待ち遠しいものです。 白鳥座のデネブ、琴座のベガ(織姫星)、そして鷲座のアルタイル(彦星)を 結んだ線が夏の大三角です。 EOS6D+ニッコール24mm/1.4(F2.5) 60秒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の川銀河中心部

梅雨入りしてからは、星空撮影も出来ずに日々画像処理が続いております。 特に急ぎの処理でも無いので、非常にまったりモードの画像処理です。 つい先ほど、ほぼ完成した画像を貼っておきます。。。 いて座の天の川銀河で、我が天の川銀河の中心部方向です。 EOS6D+SIGMA 50mm/F1.4 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

北十字星(白鳥座)

夏の代表的な星座の白鳥座は、その星の並びから北十字星とも 呼ばれています。 天の川銀河を背景としていて、日本の夏の深夜には天頂付近にその雄大な 姿を見る事が出来ます。 ギリシャ神話では、大神ゼウスが白鳥に化けた姿として語られています。 EOS 6D+SIGMA 50mm/1.4 DG HS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔵王の星空

東北地方も梅雨入りとなり、暫くの間は星空撮影はお休みとなりそうです。 6月1日(日)~2日にかけて、今年初の蔵王遠征撮影に行って来ました。 当初、前日の土曜日にUさんと行く予定でしたが、黄砂とPM2.5の影響がかなり 大きく、夜半頃に雲の通過も予想されたことから断念しておりました。 しかしながら、梅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シグマ50mm/F1.4 EX DG HSM(旧品)の星像

このブログを見ていただいた、六甲山さんのリクエストに答えて シグマの標準単レンズの旧バージョンで撮影した星像のフル解像度の画像を アップしておきます。 元々、星座撮影用に5年前に購入したレンズなので、撮影時にソフトフォーカス フィルターを使用していますが、大まかな星像の様子や周辺減光の具合が 分かるか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

栗駒山麓の星空

先週、宮城県北の栗駒町まで星空遠征撮影で行って来ました。 雪解けが徐々に進み春らしさが感じられる時期となりましたが、あえて杉林の 多い地域への花粉症による爆沈覚悟の遠征でした。 結果!!花粉症は、何だか完治したみたい・・・ (何でだろか?? 衝撃的な理由があるのですが、ここでは発表…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

西に沈む冬の星座(動画)

先日撮影した画像から動画を作成しました。 冬の賑やかな星座たちが夜半過ぎに西に沈み、東天から昇る 月によって前景の風景が明るく照らし出されるシーンをイメージして 撮影したものです。 時々現れる流れ雲も良いアクセントになったようです。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西に沈む冬の星座

週末ごとの悪天続きには、本当に困ったものですね。 今日は新月で最高の遠征撮影日和なのですが、このお天気では 大陸からは黄砂やPM2,5が飛来して、そろそろ花粉飛散の最盛期も 迎えようとしています このような状況での星空撮影は完全にお手上げ状態…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

木星と冬の星座

昨夜、星空動画撮影の為にいつもの遠征地まで行って来ました。 薄明終了~月の出までが1時間ほどでしたが、イメージ通りの撮影が出来たようです。 兎に角、晴れそうな時には遠征せねば!!と今年の目標にしていたのですが 今回は撮影条件も良く、ほぼその目的を達成出来たと思っております。 後は、動画の仕上がりを待つば…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more