飛行機と星空

昨日、仙台空港に着陸する飛行機を見てきました。 2時間ほどで、15機の飛行機を見ることができました。 夕暮れの薄明の空をバックに着陸する飛行機です。 画面左下には、金星が写り込んでいます。 星空撮影では、とても邪魔な存在の飛行機の光跡ですが 強引に画面に入れて作画してみました。 画面左下の水平線上には…
コメント:0

続きを読むread more

魔女の横顔星雲

オリオン座のリゲルの右側、エリダヌス座に位置する星雲です。 その独特な姿から、魔女の横顔星雲とも呼ばれています。 この画像の左右どちらからでも縦位置にして見ると、 人の顔の輪郭が浮き上がって見えてきます??? 撮影当日は大気の揺らぎが大きくて、また薄雲が通過する 撮影条件としては、とても悪い日でした。 そんな訳で、画像処理は…
コメント:0

続きを読むread more

冬のダイヤモンド

秋も深まり、夜明け前の星空はもう冬ですね。 先日、宮城県山元町の海岸線の新防潮堤から その光景を撮影してきました。 震災前は車の乗り入れ可能な防潮堤で、 5mほどの高さがありました。 多くの星仲間と重量級の機材を設置して、 星空撮影を楽しんだことが思い出されます・・・ しかし、20m近い津波の襲来でその防潮堤は 完全にそ…
コメント:2

続きを読むread more

国際宇宙ステーションの太陽面通過

最近撮影することの多い、国際宇宙ステーション(ISS)の画像です。 見かけ上、太陽面を通過することがあり、この画像は 石巻市北部の田んぼの中の駐車帯で撮影しました。 天気も良くベストな条件で撮影することができました。 ISSまでの距離は、約500kmほどで太陽面を1秒足らずで 通過していきました。 撮影終…
コメント:0

続きを読むread more

国際宇宙ステーションと月面

国際宇宙ステーション(ISS)と月との接近を 撮影してみました。 今回の撮影地は、いつもの遠征地の石巻市雄勝町の 公園跡地でした。 撮影には、主砲イプシロン250Cを使用して、 USBの超高感度カメラを装着しました。 半年以上も部屋の片隅に埋もれていた主砲にとって 久しぶりの撮影が、このようなものだったとは 思いもしなか…
コメント:0

続きを読むread more

ペルセウス座流星群

3大流星群の1つでもある、ペルセウス座流星群を見てきました。 13日~15日にかけて秋田県の沿岸部に行き 温泉・花火・流星を堪能してきました。 ペルセウス座流星群の撮影は、14日の夜明け前 1時間ほど行いました。 真っ赤な月が日本海に沈み、とても幻想的な 雰囲気の中での撮影でした。 眼視でも10個以上の明るい流星を確認でき…
コメント:0

続きを読むread more

ISS 国際宇宙ステーション

8月4日、蔵王の大黒天(標高1500m)で、国際宇宙ステーションを撮影してきました。 当日、名取エアリの店舗内で18時頃まで涼んでいた私は、 ISSの上空通過を思い出し(19時45分頃)、曇天ではありましたが 蔵王まで上れば雲の上に出られると確信していました。 そんな訳で、急いで蔵王に向かい現地着は19時20分頃でした。 撮影…
コメント:0

続きを読むread more

白鳥座(北十字星)

やっと梅雨が明けました。 これから新月期に向かい、満天の星空を見られる日が 多くなりそうですね。 この時期の夜半前には、頭上に白鳥座が輝いています。 天の川の中の十字の星並びはとても目立ち、 北十字星とも呼ばれ七夕伝説にも登場します。 (白鳥ではなく、カササギ) 画像は、鳥海山で撮影したものです。
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花

梅雨明けまで、もう少しの辛抱ですね。 夏の満天の星空を早く見たいものです。 これから新月期に入るので、梅雨明けに備えて 撮影機材のメンテナンスに追われる日々が続いています。 先日、岩手県一関市のアジサイ園に行ってきました。 東京ドーム3個分の園内は、紫陽花が満開で とても綺麗なものでした。
コメント:0

続きを読むread more

クラゲ

14~15日にかけて日本海に行ってきました。 地元太平洋側では冷たいヤマセ風の影響で 気温が低いのですが、晴れ間の広がる日本海側では 気温が30度もあり、多くの海水浴客で賑わっていました。 綺麗な夕日も見られて、以前訪れたことのある鶴岡市の 加茂水族館にも行ってみました。 神秘的なクラゲの浮遊する姿に、とても癒されました・・…
コメント:0

続きを読むread more

天の川

先日撮影した天の川です。 標高900mの鳥海山麓での撮影です。 乾燥した南風が吹く、大気透明度抜群の夜でした。 地元宮城県では、雲海上の蔵王山頂付近でしか 見られないような満天の星空が見られました。 自宅からの距離が200kmも有るので、 そう簡単には行けませんが、とてもお気に入りの 撮影地です・・・ 天の川…
コメント:0

続きを読むread more

七夕の星

梅雨に入り星空の見えない日々が続いています。 仕事も多忙で休む暇がありません・・・ あれこれストレスが溜まりはじめて来たので、 思い切って弾丸長距離遠征をしてきました。 翌日が午後出社の為に可能でした。 (実際は眠くて眠くて仕事は???) 日本海側は快晴の夜空が広がっていました。 大気透明度も抜群で久しぶりに満…
コメント:0

続きを読むread more

星空観望用望遠鏡

先月、マクストフ光学系の鏡筒を格安で入手しました。 新品同様の中古品で、市価の1/4ほどの価格でした。 梅雨に入ってからは、実視のテスト観望が出来ない状態で、 庭先で昼間の遠方の木立ちを見て気を紛らわせていました。 90S赤道儀とのマッチングも良く、旅先でのお気軽 観望に重宝しそうです。 とてもシャープな見え味の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の川アーチ

梅雨に入り、星空撮影はしばらくの間 お休みになりそうです。 こんな時には、画像処理に専念するのが一番です。 ここ数年で撮影した画像は、その大半が未処理のままです。 作品として仕上げられる数は千を超えると思います・・・ 単純計算で、1日3作品で1年は掛かりそうな感じですね。 その間にも新たな元画像が加わり、永遠に続くのでしょう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナグラー 20mm TYPE2

久しぶりに星空観望用のアイピースを入手しました。 20~30年前に販売されていた、ナグラー20mmです。 重量1060gの巨大なアイピースで、極上のスペースウォークを 楽しめそうです。 右3本がこれまで星空観望で愛用してきた ナグラー16/7/4.8mmです。 見かけの視野が82度もあり、視野内をグルリと 見渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴亀大橋の夕日

26日に気仙沼に行ってきました。 気仙沼と大島を結ぶ、鶴亀大橋(気仙沼大島大橋)を渡り 初めて大島観光を楽しみました。 鶴・亀の愛称は、気仙沼本土の鶴ヶ浦地区と 大島の亀山の頭文字から名付けられたそうです。 本土側と大島側の観光拠点の復興も進んでいて、 それらが完成した頃に、また行ってみたいと 思ってお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早坂高原の天の川

GW期間中に撮影した天の川です。 岩手県の早坂高原での撮影です。 標高1000mに位置していて、東の空から昇る 夏の天の川を撮影するのに最適の地です。 周辺の山には風力発電の設備が点在していて、 風の強いエリアでもあり、今回は強風の心配は 無かったものの、安全策として追尾用の赤道儀は 自重100kgオーバーのMS-5赤道儀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥海山と星空

12日は、秋田県の鳥海山周辺まで行ってきました。 撮影には絶好の気象条件で、これまで撮りたかった 画像をやっと得ることができました。 日中にお気に入りの撮影スポットを確認して、 夜間に再びその現場まで行っての撮影でした。 この時期としては珍しいほど大気透明度が良く 上弦の月明かりの下でも、夏の天の川を明瞭に 見ることができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の川

GW後半は、岩手県内を4日かけて巡ってきました。 2夜の標高1000m超えでの星空撮影・温泉・3ヶ所の ワイナリー・福田パンのコッペパン・花巻マルカン食堂の 巨大ソフトクリーム・中尊寺・3ヶ所の一本桜(小岩井・ 滝沢・上牧牧野)・・・まだまだ数多く・・・ 盛岡市を中心に充実した旅でした。 一番の目的は、毎年通っている袖山高原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小岩井農場の一本桜と星空

GW後半の3日~6日にかけて、岩手県の美しい星空と風景を 見てきました。 標高1000mの早坂高原・袖山高原の雄大な天の川、 各地に点在する一本桜、そして地元の食材など とても4日で回りきれるものではありませんでした。 袖山高原では、綺麗な夕日を道路に座り込んで 見ていた、ロマンチストのクマさんにお会いするなど とてもスリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more