夕日

ネオワイズ彗星の撮影当日に見られた夕日です。 穏やかな日本海に静かに沈んで行きました。 とても美しく、時間の流れもゆったりとしたものでした。 太平洋側に住む自分にとって、とても贅沢な日没の瞬間でした。
コメント:0

続きを読むread more

ネオワイズ彗星

久しぶりに明るい彗星が現れました。 C/2020 F3 ネオワイズ彗星です。 肉眼でも長く伸びた尾を確認できました。 (明るさは2~3等級で尾の長さは約15度) 太平洋側の天候が悪い為に、日本海まで遠征して 撮影してきました。 翌朝8時からの仕事がありましたが、そんなの おかまい無しの長距離遠征撮影です・・・ 撮影地は、…
コメント:0

続きを読むread more

部分日食

部分日食の撮影で、秋田県まで行って来ました。 日本海を眼下に見下ろす仁賀保高原です。 自宅からは片道200kmほどの距離がありますが そんな距離感など無視できるほど素晴らしいロケーションの ひろがるエリアです。 快晴のそよ風の吹く中、壮大な天体ショーを 満喫できました。 宮城では味わえないこの鳥海山周辺の独特な開放感を …
コメント:1

続きを読むread more

国際宇宙ステーション

夜明け前に国際宇宙ステーションが見られました。 薄明のブルートーンの空の中、オレンジ色に輝きながら 天空を通過していきました。 画面中央の明るい星は、木星です。 その左下に土星があり、やや離れて左下に火星があります。 火星は10月6日の地球大接近に向けて、徐々に明るさが増していて 今年一番の天体ショーとなりそうですね。 そ…
コメント:0

続きを読むread more

天の川

この時期、夜半前に雄大な夏の天の川が昇ってきます。 しかし、夜明けの時間が早くなり撮影出来る時間が短くなりました。 そこで少しでも撮影できるならばと思い、月の出30分前の撮影条件でしたが いつもの場所へ遠征して撮影してきました。 目的はただ一つ、低空に横たわりながら昇ってくる天の川の姿です。 肉眼ではPM2.5と黄砂の影響でか…
コメント:0

続きを読むread more

ブルーインパルス

青空の中、ブルーインパルスが訓練飛行をしていました。 雄勝町での星空撮影からの帰路、偶然に見かけた光景です。 青空の中にハート型や、大きな円を描いていました。 その中でとても象徴的で印象に残った絵柄は、 この六つの輪です。 五輪ではありませんでした・・・ この世の今の現状を見れば、来年の開催は現実的では ないでしょう。 …
コメント:0

続きを読むread more

奥松島の菜の花

奥松島に春の名残の風景がありました。 里浜の菜の花です。 縄文時代から弥生時代までの貝塚遺跡の残るところで、 日本一の規模を誇ります。 日本の原風景でもあり、縄文人もこのような光景を 見ていたのでしょうか。 遠方に残雪の栗駒山が見え、その手前の山は 松島四大観の一つ、富山(麗観)です。 コロナ禍の中、心癒す風景に出会えま…
コメント:0

続きを読むread more

オメガ星団

オメガ星団を撮影しました。 正中高度が5度以下の超難物の撮影でしたが、 気流が安定していて大気透明度も良く、撮影条件としては最良で 星団の微恒星まで分離する画像を得ることができました。 撮影場所は、宮城県丸森町のダム湖の駐車場です。 オメガ星団は銀河系に属する最大級の球状星団です。 地球からの距離は17000光年で、10…
コメント:0

続きを読むread more

夏の天の川

先日、夏の天の川を撮影してきました。 コロナ禍の中、県をまたぐ遠征は自粛して 宮城県内での撮影です。 3蜜をさけて撮影地への往復は、誰とも合うことが無く 遭遇するのはタヌキ・キツネ・鹿・たまにクマさん・・・ いつになったら、終息するのでしょうかね??? 撮影当日は、黄砂の影響がありボンヤリと霞んだ夜空でした。 しかしな…
コメント:0

続きを読むread more

金星とスバル

久しぶりに星空撮影をしました。 コロナの影響云々よりも、仕事の多忙さ+天候不順+その他・・・ しかしながら、2月初旬からコロナ影響がかなり懸念されていたのに この国の危機管理の脆弱さが見事に露見されました・・・ オリンピック、経済、中国、忖度しまくった結果ですね。 今となっては、ただの後の祭りです・・・ この後どんな世界が広…
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 今年も星空との付き合いが多くなりそうです。 また、新規の撮影機材投入も検討中です・・・ (予算の都合上、夏以降になるのかも???) 年々夜空が明るくなり、星空撮影が困難になりつつ有りますが 満天の星を求めて、あちらこちらに遠征したいですね。
コメント:2

続きを読むread more

双子座流星群

3大流星群の一つでもある、双子座流星群を撮影しました。 今年の撮影条件は、強烈な月明りがあり最悪でしたが 2時間ほどの撮影で、やや明るめの流れ星を撮影することが できました。 夕方に流星放射点が東の空に現れて、一晩中流れ星を見る事が 出来る流星群ですが、流石に今年の条件は悪すぎましたね。 最良の条件下では、一晩で1000個以…
コメント:0

続きを読むread more

飛行機と星空

昨日、仙台空港に着陸する飛行機を見てきました。 2時間ほどで、15機の飛行機を見ることができました。 夕暮れの薄明の空をバックに着陸する飛行機です。 画面左下には、金星が写り込んでいます。 星空撮影では、とても邪魔な存在の飛行機の光跡ですが 強引に画面に入れて作画してみました。 画面左下の水平線上には…
コメント:1

続きを読むread more

魔女の横顔星雲

オリオン座のリゲルの右側、エリダヌス座に位置する星雲です。 その独特な姿から、魔女の横顔星雲とも呼ばれています。 この画像の左右どちらからでも縦位置にして見ると、 人の顔の輪郭が浮き上がって見えてきます??? 撮影当日は大気の揺らぎが大きくて、また薄雲が通過する 撮影条件としては、とても悪い日でした。 そんな訳で、画像処理は…
コメント:0

続きを読むread more

冬のダイヤモンド

秋も深まり、夜明け前の星空はもう冬ですね。 先日、宮城県山元町の海岸線の新防潮堤から その光景を撮影してきました。 震災前は車の乗り入れ可能な防潮堤で、 5mほどの高さがありました。 多くの星仲間と重量級の機材を設置して、 星空撮影を楽しんだことが思い出されます・・・ しかし、20m近い津波の襲来でその防潮堤は 完全にそ…
コメント:2

続きを読むread more

国際宇宙ステーションの太陽面通過

最近撮影することの多い、国際宇宙ステーション(ISS)の画像です。 見かけ上、太陽面を通過することがあり、この画像は 石巻市北部の田んぼの中の駐車帯で撮影しました。 天気も良くベストな条件で撮影することができました。 ISSまでの距離は、約500kmほどで太陽面を1秒足らずで 通過していきました。 撮影終…
コメント:0

続きを読むread more

国際宇宙ステーションと月面

国際宇宙ステーション(ISS)と月との接近を 撮影してみました。 今回の撮影地は、いつもの遠征地の石巻市雄勝町の 公園跡地でした。 撮影には、主砲イプシロン250Cを使用して、 USBの超高感度カメラを装着しました。 半年以上も部屋の片隅に埋もれていた主砲にとって 久しぶりの撮影が、このようなものだったとは 思いもしなか…
コメント:0

続きを読むread more

ペルセウス座流星群

3大流星群の1つでもある、ペルセウス座流星群を見てきました。 13日~15日にかけて秋田県の沿岸部に行き 温泉・花火・流星を堪能してきました。 ペルセウス座流星群の撮影は、14日の夜明け前 1時間ほど行いました。 真っ赤な月が日本海に沈み、とても幻想的な 雰囲気の中での撮影でした。 眼視でも10個以上の明るい流星を確認でき…
コメント:0

続きを読むread more

ISS 国際宇宙ステーション

8月4日、蔵王の大黒天(標高1500m)で、国際宇宙ステーションを撮影してきました。 当日、名取エアリの店舗内で18時頃まで涼んでいた私は、 ISSの上空通過を思い出し(19時45分頃)、曇天ではありましたが 蔵王まで上れば雲の上に出られると確信していました。 そんな訳で、急いで蔵王に向かい現地着は19時20分頃でした。 撮影…
コメント:0

続きを読むread more

白鳥座(北十字星)

やっと梅雨が明けました。 これから新月期に向かい、満天の星空を見られる日が 多くなりそうですね。 この時期の夜半前には、頭上に白鳥座が輝いています。 天の川の中の十字の星並びはとても目立ち、 北十字星とも呼ばれ七夕伝説にも登場します。 (白鳥ではなく、カササギ) 画像は、鳥海山で撮影したものです。
コメント:0

続きを読むread more