6000万光年の彼方から・・・

今から約6500万年前、地球上で繁栄していた恐竜たちは、
直径10Km程の隕石の衝突で滅んでしまいました。
ちょうどその頃、おとめ座の方角の銀河団から放たれた光が、
今現在、我々の地球上に到達しています。
この銀河団は、1500万光年の広がりがあり、その中に約2500個の銀河を含んでいます。
 作画イメージは、前方の個性的な形の銀河をバランスよくフレーミングして、
超長時間露光によって、背後の微小な銀河たちが群れる姿の描写でした。
LRGB合計400分の露光でしたが、まだまだ足りず、あと2倍くらいの露光が
必要だと実感しました
晴天率の悪い日本の空では、この位で我慢しなければならないのかもしれませんね。
4月度のターゲットは、かなりの難物で、果たして撮影出来るかどうか???
今からワクワクしています。

画像

おとめ座銀河団
ε250C+ST8E
L(20分×12)、R(20分×2)、G(20分×2)、B(20分×4)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sho
2008年03月31日 22:50
しゅうちゃんさん、こんばんは。
素晴らしい!この一言に尽きますね。
言葉にできないくらい素晴らしい作品です。
大小、そして様々な形の銀河が、いっぱいですね。本当に宇宙の神秘さを感じます。
これでも、まだ露出が足りないと・・・。
4月のターゲットですか、しかも難物、私も見せていただくことを想像して、ワクワクしますよ。
しゅうちゃん
2008年04月01日 05:05
☆shoさん、おはようございます。
やっと完成しました。。。
若干の不満点が有りますが、
これで良しとしました。
微小な銀河も含めると100個以上の
銀河の存在が確認出来ますね。
最も暗い銀河で何等級でしょうか?
 次のターゲットは、だれもが一度は、
撮影したことの有る銀河です。
海外のサイトでは、度肝を抜かれる
作品がUPされていますが、露光時間の
明確な表記がされていません。
F8の光学系で、おそらく数日以上の
露光をしていると思われるので、
私のイプシロン(F3.4)なら、
LRGB合計12時間オーバーで
写るかもしれません。
詳細は、撮影してから報告しますね。




sho
2008年04月01日 21:48
しゅうちゃんさん、こんばんは。
う~ん、次にターゲット・・・気になりますね~。
この季節、銀河はたくさんありますから。
でも、イプシロンで12時間ともなれば、すごい作品になりそうですね。楽しみです。

この記事へのトラックバック