フィルターテスト(イプシロン)

雪雲の流れる空の下、昨夜は、
恐竜ランドまで遠征して来ました。
本来、冬型の気圧配置の時は、快晴の空になりそうなのですが、
昨夜は夜半過ぎまで分厚い雲が
その後1時頃から晴れてきたので、それから機材を組み立てて
主砲イプシロン用のフィルターテストをしてきました。
気温は急降下状態で、-7度まで下がり
今期最低気温の中での撮影となりました。

画像


イプシロン250C+EOS5D Mark2
ISO12800、30秒露光
拡散系フィルター使用

しし座の一等星、レグルスです。
(拡散した光芒の左側にある、ボンヤリしたイメージは、
不規則銀河のLEO-1です)
ノーマル撮影では、星像がシャープ過ぎるので、
あえて拡散系のフィルターを使用して撮影してみました。
(イプシロン鏡筒に拡散系フィルターを使用する人は、他にいないだろうなぁ~~)
今回のフィルター選定で、要求した条件は、

主役である輝星が、真円状に拡散すること。
拡散されたイメージで、星の色が表現できること。
周辺の微光星も、しっかり描写されること。
ゴーストやフレアの発生が無い事。
(有っても修正できる範囲のもの)

以上の条件を満たすものが、有るかどうかのテストでした。
その結果、その条件に近いフィルターが一枚だけ見つかりました。
今年は、この手の星のイメージ撮影にハマリそうですね。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sho
2010年01月20日 00:01
しゅうちゃんさん、こんばんは。
超シャープなイプシロンに拡散系フィルタの組み合わせ、確かに他にはないでしょうね。素晴らしい発想、感心いたしました。見たことがないような幻想的な作品が出来上がるのではと、ワクワクしています。
しゅうちゃん
2010年01月20日 04:04
☆shoさん、こんばんは。
イプシロンとの相性の良いフィルターを
テストしたのですが、これが最も良い
感じでした。
主役である輝星のみが拡散して、
脇役である微光星は、そのままの状態で写り
私の描いていたイメージにピッタリでした。
本番撮影では、低感度+コンポジット撮影で
より高画質で滑らかな描写にしたいですね。
今年は、星空ライブラリーの数が増えそうです。

この記事へのトラックバック