ちょっとだけ地震注意報!!

昨日の日中に、やや強めのレベルで体内センサーが作動しました。
ちょいと様子見状態で監視していたのですが、今日になってからは完全に収束
したようです。
収束=沈静化では無く、その後一週間以内に比較的大きな地震が来る事が
経験則から多くなります。(ハズレも有りますが

私なりの解釈では、プレート境界線上で滑る地震の場合に、滑る直前の岩盤
の中で生じる微小な崩壊の前に何らかのシグナルが出て、やがて安定状態??
となり(溜めの状態??)、結局のところ他の僅かな力学的要素で
(月の引力や太陽風による地球磁力圏への影響から生じる地球内部の
電磁力の微小な変化等。。。)
その後、一気に岩盤が崩壊して滑ってしまうのではないかと考えています。
当然ながらそんな検証作業などは出来る筈も無い訳で、ここはあくまで想像の
世界です。(SFの世界かも・・・)
しかしながら、これまでの経験から間違いなくそのシグナルを私の体内で感じ
る事が出来るとも断言出来ます。。。
いいかげんな事を言うなとのお叱りが有るかも知れませんが、本人が
感じている以上、私にとっては超現実的な話です。。。

まあ、何事も無く過ぎ去ればそれで良い事なので、何も無い事を
祈るばかりですね。。。

今日は、地元の電力会社の株主総会が有りました。
当然の事ながら、原発問題が主要な議題でも有り注目する事柄でも有りました。
私自身は、特に反原発主義者でもなく安全が担保されれば素晴らしい
発電システムだと思う、半ば推進派でもあります。
(中学生の時の弁論大会で、原発の推進+節電の奨励を30年前に発表して
いて、今になってとても複雑な思いがしています。)
でも実際問題、利権によって硬直化してしまったシステムで運用されて
しまっている現在の原発の稼動状態では、やはり速やかな廃炉への道を
歩んで欲しいと願う一人でも有ります。。。

宮城県沖地震は終わったのか???
まだまだ検証作業中のようですが、あの巨大地震の揺れを経験した
私の答えは、Noです。
(一部の学者からは、終わったとの見解が出ています。)
あの揺れは海溝近くの浅い所(遠い所)からの揺れが大半で、本来の
宮城沖地震で起きる(震源が40kmと深く、震源が陸地に近い)ものとは
だいぶ異なっていたように思えるからです。
(宮城沖ならもっと下から突き上げるような直下型に近いはず)
地震波の干渉で弱まった可能性も有りますが、私自身あの揺れは
30年前の宮城県沖地震と異なるものだったと感じています。
4月7日に起きた大きな余震が、本来の宮城県沖地震の震源域で
3月11日の本震よりも建物や地盤への被害が出たように、もしその余震
以外にまだ滑らない領域が有り、今後巨大な本震として発生したならば
かなり危険な地震となると思われます。

もし、今後想定宮城沖地震が起きたなら???
女川原発は、壊れます。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック