金華山の星空

平成24年度の新年度がスタートしました。
今年は仕事の上でかなり劇的な?変化の有る年になりそうですが、
まあ今の所は、前年度と変わらず??と言ったところでしょうか・・・

だいぶ前に牡鹿半島のロケハンに行ってましたが、やっとその
本番撮影をする事が出来ました。
上弦付近の月明かりが有り、晴れた夜空が広がる事が条件で
まさに先日の日曜日の夜が、ベストな撮影日となりました。。。

画像


牡鹿半島の東の太平洋上に浮かぶ金華山です。
とても神秘的な様相の島で、3年続けて参拝すると生涯
金に困らなくなると言う、金運の島でも有ります。
しかしながら、この島の沖合い約130kmの地点が、昨年の
東日本大震災の震源地となってしまいました。。。

そんな思いの中撮影準備をしていて、いざ撮影開始!!!
時刻は、4月1日PM22時45分。。。
何と、その19分後には緊急地震速報がラジオから流れたのでは
ありませんか
それも宮城から福島沖にかけて
待つ事数秒間・・・
結構強い揺れが・・・
瞬間頭をよぎったのは、津波の襲来の可能性の件であり
こりゃ家に帰れないかも???との不安・・・
帰路は海沿いの一本道しかないので、ここで津波が来たら
家まで歩いて帰らねばの世界が
自衛隊のヘリに救助される自分の姿も一瞬脳裏を横切りました。
幸いにも震源域が深く、地震の規模もそこそこだったので
大事には至りませんでしたが・・・
地震の揺れ最中は、思わず福島第一原発の方向を注視したのは
言うまでも無いことでした。。。

撮影も終了して、夜明けと共に帰路に着きましたが、現地では
滅多に聞かないキジがかなり喧しく鳴き叫んでいました。
今後も大きな余震や本震には注意が必要かも知れませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

もっちゃん
2012年04月03日 21:38
おばんです。
久しぶりに緊張が走りましたね。携帯3台が鳴り響き、ワンコが騒ぎながら走り回る我が家・・・。
エイプリールフールとはいえ、悪い冗談ですね。
もも
2012年04月03日 23:01
こんばんわ、ももで~す。
仙台湾のアスペリティがいつ滑るのか心配な昨今。
それこそ仙台壊滅の恐れあり?
しゅうちゃんさんの体感センサーの信頼性はいかほどや?
ふわり
2012年04月03日 23:41
こんばんは~
緊張感いっぱいの撮影お疲れさまでした
土、日と そこそこ晴れましたね でも日曜の夜はこちらは風がとても強かったですが そちらは大丈夫だったのですね?
金華山は行ったことがありませんが 青い海と晴れた空きれいですね~
地震は 揺れが断然先でした だいぶ揺れてから緊急速報が鳴りましたよ~ やはり緊張しますね
しゅうちゃん
2012年04月05日 04:00
☆もっちゃんさんへ、

地震の揺れには慣れっこになってましたが、
さすがに今回だけは、冗談だろ!!の世界で
した。
場所が場所だけに、かなりビビリましたね。
まだまだ地震活動は収まりそうにもないので、
海辺に行く時には、それなりの覚悟を決めて
行かなければと思っています。。。

しゅうちゃん
2012年04月05日 04:20
☆ももさんへ、

ももさんのおっしゃる通りに、仙台湾には
地震の起こらない空白域が広がっています。
微小地震が多発する現在、過去1ヶ月分の
発生状況を地図上にプロットした画像
なんかを見ると、見事にポッカリと開いた
空白域を確認する事が出来ますね。
これが仙台湾直下に広がる固着域の
アスペリティなんでしょうか???
プレートの境界面は、かなり深く潜った所
なので、もしここで巨大な本震が発生したなら
津波こそは来ないものの、直下型の激しい
揺れに見舞われそうです。

体内センサーは、多少の反応は有りますが
数日おきに比較的大きいのが来ているので、
どの揺れのものだったのか??の特定は
困難な状況です。。。
明らかに強烈な反応が出た時だけに、
ブログ上に公開したいと思っています。
あくまでも自身の記録としてですが。。。
しゅうちゃん
2012年04月05日 04:32
☆ふわりさんへ、

月夜に見る金華山は、とても綺麗なものです。
この日は、やや強い風が吹いてましたが、
とても穏やかな光景が広がっていました。
動画画像作成の為の撮影でしたが、明け方
近くに雲やモヤが多くなり、いまいちの
コンディションでしたが、ちょいとだけ
変化に富んだ作品になりそうですね。
数日中に完成したいと思っています。。。

ここ、牡鹿半島は今月末には多くの桜の花で
彩られます。
昨年は、その光景を見ることすら出来ません
でしたが、今年はあれこれ撮影したいと
思っています。

この記事へのトラックバック