赤色超巨星ベテルギウス

お彼岸に入り南の地方からは、桜の便りが聞かれる時期となりました。
冬の星空も日増しに春の星座たちの占有率が高くなり、冬の星座たちは、
徐々に西の空に傾きはじめています。
先日遠征した際に、冬の代表的なオリオン座の1等星として輝く
ベテルギウスを撮影してみました。

画像


地球からの距離は約642光年の近距離にあり、直径は太陽の1000倍以上も
有ります。
最新の観測結果から、このベテルギウスはかなり不安定な状態で、
近い将来(642年前~100万年後?)に超新星爆発をすると考えられています。
爆発のエネルギーは凄まじいもので、数十光年内の星々は完全に消滅、
地球への影響も心配されました。
爆発の際に照射される強烈なガンマ線バーストは、ベテルギウスの自転軸
方向に照射されます。
照射志向角度2度のビームは、幸い20度ほどずれている為に地球への
影響はほとんど無いと考えられています。
そんな事を思いながら、真面目にこの1等星を撮影しておりました。。。
(イプシロン光学系でこんな撮影をするのは私ぐらいでしょうな

動画も作成してみました。




果たしてこの星の最後の瞬間の輝きを見る事が出来るのでしょうか?
西暦1372年頃に超新星爆発を起こしていれば、そろそろその輝きが
到達する頃です。
まずニュートリノの放射が地球に到達して、その数時間後に強烈に輝く
光が地球に到達する事でしょう。
(光速で進むニュートリノが光より早く進むのが不思議な事ですが、
何にも邪魔されないニュートリノが光速で進み、光のほうががベテルギウスの
中心部の強烈な重力に影響されて、ちょっとだけ減速されるからです)
日本にあるスーパーカミオカンデでその兆候が真っ先に観測されて、
その数時間後の爆発的な輝きに向けて、世界中の多くの望遠鏡が
昼夜を問わずに向けられるでしょうね。
そんな夢のような日の光景を想像しながら、天体撮影をするのも楽しい
ものです。
次回は、ベテルギウスの超新星爆発をイメージした動画を作成したいと
思っております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック