冬の天の川

夜半すぎには、オリオンが天高く昇り星空はもう冬です。 先日撮影した画像を強調処理で仕上げました。 宮城県石巻市雄勝町、ここには今でも満天の星空が 輝いています。 震災からの復旧がまだまだの地域ですが、 (復興まではかなりの時間が掛かりそう・・・) 星空撮影地の聖地として、これからも通い続けたいと 思っております。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリオン座流星群

21日の夜明け前、オリオン座流星群を見てきました。 月没が2時30分頃で薄明開始が4時20分頃、 2時間ほどの撮影でしたが、流星群の活動は 例年通りの低調ぶり・・・ 1時間あたりの出現数は20個程度で、実際に肉眼で 見られた数は数個ほどとなりました。 かつては、突発的な出現の見られた流星群で、 ダストトレイル理論が定着した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すばる(ノーマル処理)

前回のスバルを、一般的なノーマル処理で仕上げてみました。 背景の分子雲の描写を控えめにして、漆黒の背景に浮かぶ スバル(プレアデス星団)の美しい輝きを強調しました。 おうし座の散開星団のスバルは、青白い星の集まりで 地球からの距離も近く(443光年)、肉眼でも5~7個の 星を数える事ができます。 誕生から1億年ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すばる

おうし座の散開星団、すばる(プレアデス星団)を撮影してみました。 今回は星団の周辺の青い星雲と、それらを取り巻く 淡い星間分子雲の描写を目的として処理してみました。 分子雲の明るさは、背景レベルに近いくらいに淡いので 背景レベルを完全にフラットな状態にしなければなりません。 これまで行ってきた手抜きの簡単撮影・処理では、 全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンドロメダ銀河(完成画像イメージ)

秋の定番銀河のアンドロメダ銀河は、 天の川銀河の2倍以上の直径(22~26万光年)と、 1兆個以上の恒星で構成されています。 当然ながらその恒星系には惑星も含まれていて、 その総数は数兆個以上も有ることでしょう。 地球だけに生命体が存在するのではなく、 それらの多くに存在するのかも知れませんね??? 250万光年も彼方の銀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンドロメダ銀河

久しぶりに星空の撮影に行ってきました。 石巻市雄勝町のいつもの公園でしたが、 大気透明度が非常に良く、満天の星空を 見る事が出来ました。 数ヶ月ぶりに主砲の蓋を開けることが出来て とても満足でした。 イプシロン 250C (850mm/f3.4) + EOS 6D (ノーマルボディ) 60秒露光×8フレーム加算…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more