銀河鉄道の夜

ここはイーハトーブ(理想郷)の地、宮沢賢治の愛した故郷です。
雫石町の小岩井農場にある一本桜を見ていると、何か時が止まったような
とても不思議な感覚となります。

撮影中に上空を10両編成の銀河鉄道が通過しました。
音も無く静かに飛んで行きました。
行き先はどこなか???
ここは、異次元の世界です・・・


画像


上空を通過する飛行機の光跡を利用して、イーハトーブの光景を
イメージしてみました。
この一本桜は牛の放牧地の日陰樹として植えられていました。
当時、樹齢20年ほどの若木を宮沢賢治は見ていたのでしょうか???

動画画像も作成してみました。





"銀河鉄道の夜" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント